ここから本文です

フォーミュラE:2019/20年の暫定カレンダー発表。初開催の韓国戦含む全14レースで開催

6/15(土) 21:20配信

オートスポーツweb

 6月14日にフランス・パリで開催されたWMSC世界モータースポーツ評議会のなかで、ABBフォーミュラE選手権の2019/20年シーズン開催スケジュールが発表された。第6シーズンにあたる2019/20年は初開催の韓国E-Prixを含む全14レースで構成される。

 フォーミュラEの第6シーズンは2019年11月22~23日にサウジアラビアのディルイーヤで開幕。この初戦はダブルヘッダーとして開催される。

 その後、2019年12月14日に開催地未定の第3戦が行われて、2019年内の開催は終了。2020年の初戦は1月18日、チリのサンティアゴで第4戦として行われる。

 以降は、2月15日にメキシコシティ、3月1日に香港、3月21日に開催地未定の中国ラウンドが行われた後、シーズン初のヨーロッパラウンドとなるイタリア・ローマ戦が4月4日に行われる。

 4月18日にはフランス・パリで第9戦が行われると、ふたたびヨーロッパを離れ、シリーズ初開催の地、韓国へ移動。5月3日に第10戦としてソウル大会が行われる。

 その後は、5月30日にドイツ・ベルリンで第11戦、6月20日にアメリカ・ニューヨークで第12戦が行われ、最終ラウンドは7月25~26日の2日間、イギリスの首都ロンドンでダブルヘッダーとして開催される。

 現時点で第3戦が開催国・開催地とも、第7戦は開催地のみTBC(未定)とされているが、2018/19年カレンダーからは、モロッコのマラケシュ戦、モナコ戦、スイスのベルン戦、中国の三亜戦がカレンダーから姿を消している。ただし、三亜については第7戦の開催地になるとの見方もある。

 そのほか、今回のWMSCではスポーティングレギュレーションについても、複数の変更が承認された。具体的には以下のとおりだ。

・レース中断中、レースディレクターから指示がない場合、レース時間のカウントダウンは停止される。

・予選グループステージでトップタイムを記録したドライバーにはランキングポイント1点が与えられる。

・アタックモード時に使用できるRESS(リチャージャブル・エナジー・ストレージ・システム)の最大出力を225kWから235kWとする。

・フルコースイエロー、またはセーフティカーラン中はアタックモードの有効化を禁止する。

・フルコースイエロー、またはセーフティカーランの時間が1分経過するごとに、レース中断時点に計測されていた利用可能残エネルギーから1kWを差し引く。

・Gen2マシンのホロゲーションサイクルを第8シーズンまで延長する。これはコストコントロールと第6シーズンから新規参戦するマニュファクチャラーのための措置となる。ただし出力向上、バッテリー性能向上、デザイン改修に関する改良は、本決定の対象外となる。

 そのほか、2019/20年からは各車両に搭載できるMGUを1基に制限することも承認された。

■2019/20年 ABBフォーミュラE選手権 暫定開催スケジュール
Rd/Day/Country/City
1/2019/11/22/サウジアラビア/ディルイーヤ※※
2/2019/11/23/サウジアラビア/ディルイーヤ
3/2019/12/14/TBC/TBC
4/2020/1/18/チリ/サンティアゴ※
5/2/15/メキシコ/メキシコシティ※
6/3/1/中国/香港※
7/3/21/中国/TBC※
8/4/4/イタリア/ローマ
9/4/18/フランス/パリ
10/5/3/韓国/ソウル※
11/5/30/ドイツ/ベルリン
12/6/20/USA/ニューヨーク
13/7/25/イギリス/ロンドン※
14/7/26/イギリス/ロンドン※

※ サーキットのホモローゲション待ち
※※ ダブルヘッダーは政府の承認待ち

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/17(月) 16:57
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ