ここから本文です

スアレス、CL敗退後は「世界から消えてしまいたいと思った」と回顧

6/15(土) 17:50配信

SOCCER KING

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスがチャンピオンズリーグ準決勝での敗退を振り返った。14日、イギリスメディア『ロイター』が伝えた。

 バルセロナは今シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝でリヴァプールと対戦。ファーストレグでは3-0と快勝を収めたが、セカンドレグで4-0と完敗を喫して2試合合計3-4で敗れ大会から姿を消した。スアレスはその敗戦後を振り返り、「バルセロナに戻った後の数日間は、2014年のワールドカップの時と並んで、人生とキャリアの中で最悪の時間だった。世界から消えてしまいたいとすら思ったよ」とコメントした。なお、同選手は2014年のワールドカップ・ブラジル大会で、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニにかみついたとして帰国させられ、4カ月の出場停止処分を受けていた。

「子供たちを学校に行かせたくなかった。何もしたくない日が続いたし、とても難しい時間だった」

「僕たちはバルセロナであり、得点のチャンスも2、3回あると思っていたんだ。先制点を決められた時には僕たちはどう反応したらいいのかわからなかったし、とても混乱していたよ。試合後のドレッシングルームでは誰も何も言わなかった」

SOCCER KING

最終更新:6/15(土) 17:50
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事