ここから本文です

【ユニコーンSの見どころ】今後のダート路線に向けても注目の3歳馬たちの戦い

6/16(日) 8:15配信

netkeiba.com

 近年の勝ち馬にルヴァンスレーヴ、ゴールドドリーム、ノンコノユメなどがいる出世レース。出走する主な有力馬は次の通り。

【写真】デュープロセス4連勝の軌跡

■6/16(日) ユニコーンS(3歳・GIII・東京ダ1600m)

 デュープロセス(牡3、栗東・安田隆行厩舎)はダイワメジャー産駒の英国産馬で、デビュー2戦目の未勝利戦から4連勝を飾っている。初のマイル戦だった前走も問題なく対応しており、同条件のここも勝ち負け必至だろう。5連勝で重賞初制覇なるか。

 デアフルーグ(牡3、美浦・鈴木伸尋厩舎)は青竜Sでデュープロセスの2着。新馬戦からの連勝は止まってしまったが、スタートで出遅れながらも内を突いてクビ差まで詰めており、力のあるところは十分に見せた。逆転を期待したい。

 その他、全日本2歳優駿の覇者ノーヴァレンダ(牡3、栗東・斉藤崇史厩舎)、兵庫CSで2着のヴァイトブリック(牡3、美浦・和田正一郎厩舎)、ダート初挑戦のワイドファラオ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)、端午Sを勝ったヴァニラアイス(牝3、栗東・高柳大輔厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:6/16(日) 8:15
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ