ここから本文です

メルセデスベンツ Eクラスクーペ 改良新型、開発車両をスクープ…内外デザイン大刷新

6/16(日) 8:00配信

レスポンス

メルセデスベンツ『Eクラス』ファミリーは現在、改良新型の開発が着々と進められている。すでに「ステーションワゴン」「オールテレーン」「クーペ」「セダン」とスクープに成功しているが、今回はクーペの新たな開発車両をカメラが捉えた。

[関連写真]

捉えた車両のリアエンドは、バンパーコーナーのエアアウトレットが消え、テールライトの新グラフィックが巧妙にカモフラージュされている。フロントエンドでは、トップマウントのターンシグナルビームを備える、新しいLEDヘッドライトを装備。バンパー、グリル、フェンダーなどのデザインが刷新されるだろう。

コックピットでは、新デザインのステアリングホイールが装着されていることに気づく。サイドスポークはシャープに、そして内側に向かって角度の付いたボトムVスポークデザインとなっており、従来のラインアップには見られないものになりそうだ。

パワートレインの注目は、3リットル直列6気筒+マイルドハイブリッド「EQ Boost」の新設定だ。これは現在ラインアップされている3リットルV型6気筒ツインターボ『E450』に代わるもので、最高出力は367psを発揮する。

この他、2.0リットル直列4気筒ターボの『E200』、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボの『E220d』、2.0リットル直列4気筒ターボの『E250』、そして2.0リットル直列4気筒ターボ+電気モーターの『E350e プラグインハイブリッド』がキャリーオーバーされるだろう。

リフレッシュされるEクラスファミリーは、2019年に第一弾となる「セダン」のデビューが予想され、「クーペ」は2020年内が有力だ。



《レスポンス Spyder7編集部》

最終更新:6/16(日) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ