ここから本文です

岡田准一、異色デビューの裏側&俳優としての心がけを明かす…「おしゃれイズム」

6/16(日) 11:30配信

cinemacafe.net

上田晋也、藤木直人、森泉の3人がMCとなりゲストを招いてトークやロケを繰り広げる「おしゃれイズム」の6月16日(日)オンエア回のゲストに、岡田准一がゲスト出演。14歳で異色のデビューを果たした岡田さんが俳優をやるうえで心がけていることとは!?

ほかのジャニーズタレントと違い、バラエティ番組の公開オーディションからジャニーズJr.入りを果たした岡田さん。その後1995年に「V6」としてメジャーデビューを飾ると、ドラマ「木更津キャッツアイ」で主演を務めるなど俳優としても活動。「SP」シリーズや「図書館戦争」などでみせるアクションや、『天地明察』などで見せる繊細な表情など演技派の実力を兼ね備えたマルチな俳優に成長。

近年では『海賊とよばれた男』『関ヶ原』『散り椿』で3年連続日本アカデミー賞優秀主演男優賞に輝くなど、いまや日本を代表する名優となった。

岡田さんは先述のように公開オーディション出身という異色のデビューを飾っており、今回はそんなデビューに至るエピソードを紹介してくれるほか、俳優活動で心がけていることなどをトーク。俳優・佐藤浩市からのコメントにも注目。

また20代の頃、それだけ食べていたという“アレ”や、ストイックなイメージが強すぎるという最近の悩みについても明かすと、森さんからイメチェンアドバイスも。さらに藤木さんとのロケではエアリアルヨガ体験も。ファンは必見の「V6」メンバーに関するトークも聞けそうだ。

岡田さんの主演最新作となる『ザ・ファブル』は伝説的殺し屋が普通の人になろうとする姿を描くコメディーテイストのアクション。

裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在“ファブル(寓話)”を岡田さんが演じ、「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」とボスから命令されたファブルが、佐藤アキラという偽名を使い相棒のヨウコと共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始めるが、ファブルの命を狙う裏社会の組織やファブルに助けを求める者たちが次々に現れる…という展開。

ヨウコ役には木村文乃、さらに山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、佐藤二朗、安田顕、佐藤さんら超豪華な面々が脇を固める。

『ザ・ファブル』は6月21日(金)より全国にて公開。

「おしゃれイズム」は6月16日(日)22時~日本テレビ系でオンエア。

最終更新:6/16(日) 11:30
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事