ここから本文です

【ユニコーンS】エルモンストロとワイドファラオ、角居2頭出しはどちらも注目必至/ねぇさんのトレセン密着

6/16(日) 10:49配信

netkeiba.com

 東京競馬場のメインはユニコーンS。角居厩舎は2頭出しですね。

 エルモンストロは、今週の追い切りは栗東へ駆けつけた三浦騎手によって行われています。

「坂路での併せ馬でジョッキーに感触を確かめてもらいました。輸送もあるのでサッと行いました。

 思ったよりガツンと噛んでくるところもなかったようですし、コントロールも効きメリハリもついています」と辻野助手。

 気になるのは当日のテンション。

「これは上がり過ぎなければいいですね」

 前走はダートでの初勝利を果たしましたし、短距離は「競馬がしやすいと思います」と陣営はみています。

 そして、ワイドファラオ。こちらは福永騎手が騎乗しますね。

「もともとデビュー前からダートでも、と思っていた馬です。パワーがあってスタートダッシュもいいので、いいポジションで競馬ができるといいですね」

 こちらが気になるのは砂を被ったときの反応。結構、これで競馬が嫌になってしまう馬もいるものです。

「とても気性が真面目な馬なので、それほど嫌がらないのではないかと思います」

 天候については、雨が降った馬場は歓迎とのことでした。

「雨で馬場が締まれば、より芝のスピードが生きますからね」

 この2頭の人気を比べるとワイドファラオのほうが集めそうですが、”同厩舎の2頭出しは人気薄を狙え”という古くからの格言もありますよね。

 特に角居厩舎となると、今年のダービーのことが頭から離れません。とにかく2頭とも注目ですね!

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:6/16(日) 10:53
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事