ここから本文です

(聞きたい 2020へ)宇宙ビジネス、今後の展望は? ispace創業者・CEO、袴田武史氏

6/16(日) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■関心高まる月、課題は所有権
 2020年は、月のビジネスが盛り上がってくる年にもなると思います。この1、2年で月の探査や開発をめざす動きが加速しているからです。
 そこには、水資源が存在するとの期待があります。水は生活に必要なだけでなく、水素と酸素にわければ燃料にもなるため、宇宙のエネルギー源の中心になっていくと考えられています。地球から運ぶとコストがかかりますが、宇宙で安く手に入れば宇宙での活動は飛躍的に増えるでしょう。
 米航空宇宙局(NASA)はもともと28年に再び月へ宇宙飛行士を送る計画でしたが、トランプ政権は4年前倒しする方針です。…… 本文:1,313文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:6/16(日) 7:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ