ここから本文です

「防弾少年団」、ファンミ開催の釜山はお祭りムード「天も味方」

6/16(日) 18:51配信

WoW!Korea

 「防弾少年団」が前日に続き、きょう16日も釜山を訪れたファンと触れ合う。

 「防弾少年団」は15日午後7時、釜山アジアド補助競技場で、公式グローバルファンミーティング「BTS 5TH MUSTER MAGIC SHOP」を開催。約2万5000人のARMY(「防弾少年団」のファン)と触れ合った「防弾少年団」は、きょうも釜山を訪れたファンと有意義な時間を過ごす予定だ。

防弾少年団のプロフィールと写真

 「防弾少年団」が訪問した釜山は、まさにお祭りムード。アジアド補助競技場近くには、あちこちにメンバーたちの広告がある。特に、釜山が故郷のJUNG KOOK(ジョングク)、JIMIN(ジミン)は地下鉄の駅、バス停留所から路上まで釜山を占領しているほどだ。

 特に、近くの地下鉄の駅である総合運動場駅には、駅舎からアシアド競技場につながる入口まで、JIMINの壁面広告が掲載された。 「JIMINアートミュージアム」と呼ばれる広告は、JIMINの6年間の活動史を盛り込み、ファンの熱い反応を得ている。

 この日、会場を訪れたファンは、「防弾少年団」が釜山で初めてファンミーティングを開催するということと、約3年ぶりに釜山を訪れたことに興奮している様子だった。ファンは「防弾少年団」デビュー6周年と釜山入りを記念するため、自ら作ったグッズを無料で分かち合い、カバーダンスを踊るなど、さまざまな方法で共にした。

 さらに、釜山市も「防弾少年団」とARMYを全面的に支援。広安大橋、釜山タワー、釜山港大橋などのランドマークを紫の照明に変更し、見どころを提供した。そして、釜山観光公社は「防弾少年団」に関する旅行コースを提供し、ファンがファンミーティングのため訪れた釜山をさらに楽しんで帰ることができるよう配慮した。

 また、公演が終わった後、混雑する交通状況に備え、釜山都市鉄道を18回増便運行した。近くの交差点には、交通警察が集中的に配置され、地下鉄の駅には119義勇隊員が待機していた。

 ファンミーティングの両日、降ると言われていた雨も姿を消した。笑い話のように「天が味方した」と言っても過言ではなかった。晴れたおかげで、「防弾少年団」とファンの触れ合いはさらに成功的に行うことができた。

 きょうのファンミーティングも熱い関心が寄せられている。特に、昨日の公演で公開された「HOME」のステージは、きょうのファンミーティングに参加するARMYの期待をさらに高めている。 「HOME」は韓国公演では初披露となるため、ファンは格別な想いだ。

 引き続き、「防弾少年団」は釜山でのファンミーティングを終えた後、22日と23日、ソウル・オリンピック公園体操競技場で「BTS 5TH MUSTER MAGIC SHOP」を開催する。

最終更新:6/16(日) 18:51
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ