ここから本文です

倉本昌弘が逆転優勝 谷口徹とのプレーオフ制す

6/16(日) 17:00配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内シニア◇スターツシニアゴルフトーナメント 最終日(16日)◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6972yd(パー72)

歩くのも仕事のうち

首位と5打差の6位から出た63歳の倉本昌弘がこの日ベストの「64」をマークし、通算11アンダーで首位に並んだ谷口徹とのプレーオフを1ホール目で制して逆転優勝。2016年の最終戦「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」以来、3季ぶりのシニアツアー通算8勝目を挙げた。

18番(パー5)でのプレーオフをバーディで決めた倉本は「谷口君がセカンド(ショット)でミスしてくれてラッキーだった」と笑顔を浮かべた。本戦で倉本はボギーなしの1イーグル6バーディでプレー、今季シニアツアー初戦だった51歳の谷口は5バーディ、1ボギーの「68」だった。

単独首位から出たプラヤド・マークセン(タイ)は「70」で、「66」で回った盧建順(台湾)と並び、通算10アンダーの3位に終わり、大会3連覇はならなかった。

<主な上位成績>
優勝/-11/倉本昌弘
2/-11/谷口徹
3T/-10/プラヤド・マークセン、盧建順
5/-8/鈴木亨
6/-7/室田淳

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ