ここから本文です

うすいで「物産展」 18日まで郡山

6/16(日) 10:15配信

福島民報

 郡山市のうすい百貨店・十階催事場で開催中の「第十八回ふくしま県の物産展」で十五日、郡山女子大付属高が開発した「プリンセスハンバーグ」を使用した弁当が販売され、人気を集めた。十六日も販売する。

 プリンセスハンバーグは福島の麓山高原豚と福島牛を使用している。同校食物科の生徒らが昨年十月から開発に取り組み、試行錯誤を繰り返してきた。十五日は生徒が来場者に試食を勧め、商品をPRした。

 会場はふくしま餃子の会による限定販売でにぎわいを見せている。十五日に出店した福島市の「餃子の店 山女」の円盤餃子を買い求める市民らが長い列を作った。十六日は福島市の「ら~めん石狩」が出店する。数量限定でなくなり次第終了する。

 物産展は福島民報社の主催。県、県観光物産交流協会などの後援、うすい百貨店の協力。十八日までスイーツや加工食品などの名産、特産品を展示販売している。開場は午前十時から午後七時(最終日は午後五時)まで。

最終更新:6/16(日) 10:15
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事