ここから本文です

「BLACKPINK」、初オーストラリアツアーも大盛況…ROSE感激

6/17(月) 0:16配信

WoW!Korea

 「BLACKPINK」がオーストラリアツアーを通じて、メルボルンとシドニーで初のコンサートを開催した。

BLACKPINKのプロフィールと写真

 「BLACKPINK」は13日(現地時間)、オーストラリア・メルボルンROD LAVER ARENAに続き、15日にシドニー・QUDOS BANK ARENAで、「BLACKPINK 2019 WORLD TOUR with KIA [IN YOUR AREA]」を開催し、オーストラリアのファンと触れ合った。

 オーストラリアのファンはコンサート開始前から会場のあちこちに集まり、すでに熱気を帯びていた。メンバーの名前が書かれたヘッドバンドを着け、手作りプラカードを持ったファンの顔は、ときめく気持ちがそのまま表れていた。会場内外に設置されたグッズブースには、早くから行列ができていた。

 「BLACKPINK」は今回のコンサートで、昨年発表して以来、相変わらず人気の「DDU-DU DDU-DU」で初ステージを飾った。肌寒さが吹き飛ぶほどの熱気を吹き入れ、「Forever Young」、「WHISTLE」などの代表曲を相次いで歌い、雰囲気を盛り上げた。

 特に、メルボルンはROSE(ロゼ)と深い縁がある都市。メルボルンで幼少時代を過ごしたROSEは、2012年YGエンターテイメントのオーストラリアオーディションで高い競争率をかいくぐって1位で合格。その後、練習生として実力をつけ、2016年8月に「BLACKPINK」としてデビューした。

 メルボルンコンサートで、ソロステージのトップバッターを務めたROSEはスカイラー・グレイの「Coming Home, Pt.II」のカバーステージを初披露し、子供時代を過ごしたメルボルンに向けて、切ない気持ちを伝えた。観客は一斉に携帯電話の光で会場を照らし、ROSEを歓迎。歌手の夢を抱いた少女ROSEはK-POPKを代表するガールグループ「BLACKPINK」として、メルボルンに帰ってきた。

 ROSEは「幼い頃に住んでいたメルボルンの会場のステージに上がり、どれだけ幸せか、表現できないぐらい。一生この瞬間を忘れない」とし、「『Coming Home』は練習生時代、メルボルンを思い出したとき、歌っていた意味深い曲」と伝えた。

 そして、「BLACKPINK」はメルボルンとシドニーコンサートで、ファンの応援に応えようと、情熱的なステージでファンと息を合わせ、思い出の1ページを飾った。

 JENNIE(ジェニ―)はシドニーコンサートを終え、「9歳のとき以来、初めてシドニーに来たけれど、このようにコンサートをすることになるとは想像もしていなかった。シドニーが『IN YOUR AREA』ツアーの最後の都市。長い旅をしながら、世界中のBLINK(「BLACKPINK」のファン)に会えて嬉しかった」と話した。

 続けて、LISA(リサ)は「シドニーがどれほど美しい都市なのか、ROSEが教えてくれた。観客の方々が私達と一緒に歌を歌って、ダンスを踊ってくれて、とてもありがたかった」と笑顔を浮かべた。JISOO(ジス)は「できるだけ早く新しい曲とより良いパフォーマンスで、ファンの皆さんとまた会いたい」とあいさつした。

 「BLACKPINK」は7月12日から14日バンコクアンコールコンサートを開催し、初のワールドツアーの最後を飾る。

最終更新:6/17(月) 0:16
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事