ここから本文です

【ル・マン24時間】残り1時間……首位快走の7号車トヨタが突如スローダウン。8号車トヨタがトップに浮上

6/16(日) 21:23配信

motorsport.com 日本版

 フランスのサルテ・サーキットで行われているル・マン24時間レース。長いレースも残り1時間だが、レースをリードしてきた7号車トヨタTS050Hybridがまさかのトラブルに見舞われている。

【ライブテキスト】ル・マン24時間レースの”出来事”をテキスト情報で配信中

 7号車トヨタは、まもなく残り1時間というところで緊急ピットイン。スローパンクチャーが発生したという右フロントタイヤを交換してピットアウトした。しかし、その直後に突如スローダウン。これにより、再びピットインすることを強いられた。

 この結果、8号車トヨタが首位に浮上。7号車は1分差で2番手に落ちてしまった。

 現在8号車には中嶋一貴、7号車にはホセ・マリア・ロペスが乗り込んでいる。ただ一旦スローダウンしたトヨタ7号車は、コースに復帰した後はペースを取り戻している。

最終更新:6/16(日) 21:23
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ