ここから本文です

鈴木愛 憧れの宮里藍の大会で今季2勝目

6/16(日) 18:50配信

東スポWeb

 国内女子ゴルフの「宮里藍サントリーレディス」最終日(16日、兵庫・六甲国際GC=パー72)、第3ラウンドの残りと最終ラウンドを行い、前日(15日)まで首位の鈴木愛(25=セールスフォース)が12アンダーで逃げ切り、今季2勝目を挙げた。

 鈴木は第3ラウンドの9番からプレーを再開。10ホールを2バーディー、2ボギーのイーブンで回ると、最終ラウンドは70にまとめた。

「私がゴルフを始めるきっかけになった人なんで」と大会アンバサダーの藍は大きな存在。今年のポスターには昨年優勝の成田美寿々(26=オンワードHD)と藍の2ショットが使われており「うらやましかった」。左足首を痛め、万全の状態ではなかったが、来年のポスターには自分がという思いを原動力に、28ホールを戦い抜いた。

最終更新:6/16(日) 18:50
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事