ここから本文です

【ル・マン24時間】決勝速報:トヨタ8号車が2連覇達成! 7号車は残り1時間でのトラブルに泣き2位

6/16(日) 22:03配信

motorsport.com 日本版

 第87回ル・マン24時間レースが日本時間の16日(日)22時にゴールを迎えた。総合優勝を果たしたのはTOYOTA Gazoo Racingの8号車(中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ/セバスチャン・ブエミ)で、昨年に続く2連覇を達成した。

【リザルト】第87回ル・マン24時間レース:決勝結果

 予選でポールポジションを獲得し、決勝レースでも速さを見せていたトヨタ7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)だったが、残り1時間というところで失速。8号車に首位を明け渡してしまった。タイヤを交換後にペースを取り戻したものの、最終的に悔しい2位に終わった。

 この結果、8号車トヨタの3人が、WECスーパーシーズンのチャンピオンに輝いた。

 LMP2クラスを制したのはシグナテック・アルピーヌの36号車。終始トップ争いに絡む安定した結果でクラス優勝を果たした。

 LM-GTE Proクラスを制したのは、ポルシェ勢の追撃を振り切った51号車AFコルセ。LM-GTE Amクラスはキーティングモータースポーツの85号車が優勝となった。

最終更新:6/16(日) 23:12
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事