ここから本文です

【新日本】真夏の祭典G1クライマックスのブロック分け発表 オカダはKENTAらと同組

6/16(日) 20:06配信

東スポWeb

 新日本プロレスは16日、真夏の祭典「G1クライマックス」(7月6日、米国・テキサス州ダラスで開幕)の出場20選手とブロック分けを以下の通り発表した。

【Aブロック】棚橋弘至、飯伏幸太、オカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイ、EVIL、SANADA、バッドラック・ファレ、ザック・セイバーJr.、ランス・アーチャー、KENTA

【Bブロック】ジュース・ロビンソン、石井智宏、矢野通、後藤洋央紀、ジェフ・コブ、ジョン・モクスリー、内藤哲也、鷹木信悟、ジェイ・ホワイト、タイチ

 6月9日の大阪城大会に電撃登場した元WWEのKENTAをはじめ、オスプレイ、モクスリー、鷹木、タイチ、コブの初出場が決定し、昨年までと大きくメンバーが入れ替わる。

 一方で常連だった鈴木みのる、真壁刀義や今年に入り新日マットを離れたケニー・オメガ、マイケル・エルガンらの名前が消えた。

 G1クライマックスはA、B両ブロックで総当りリーグ戦を行い、各ブロックの1位同士が優勝決定戦(8月12日、日本武道館)に進出する。

最終更新:6/16(日) 20:06
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事