ここから本文です

張本智和&早田ひな 結成2大会目で準V 中国“大物”ペア撃破で自信

6/16(日) 8:30配信

デイリースポーツ

 「卓球・荻村杯ジャパン・オープン」(15日、北海きたえーる)

 混合ダブルスは、張本智和(15)=木下グループ、早田ひな(18)=日本生命=組が準決勝で樊振東、丁寧組(中国)を3-1で破ったが、決勝では許キン、朱雨玲組(中国)に0-3で敗れ、準優勝だった。女子シングルス準々決勝は、平野美宇(日本生命)が佐藤瞳(ミキハウス)を4-0で下して4強。女子ダブルス準決勝は長崎美柚、木原美悠組(エリートアカデミー)が世界選手権金メダルの中国ペアに敗れた。

 張本、早田ペアは結成2大会目でのツアー制覇こそ逃したが、打倒中国へ大きな可能性を提示した。準決勝では男子世界1位とリオ五輪女王という大物ペアから殊勲の1勝を挙げ、「中国選手に勝てたのはすごく自信になった」と早田。張本は「早田選手は男子のボールもとれるので、自分が決めるだけじゃなく、つないでラリーで点を決めることができた」とうなずいた。

 東京五輪でもペアを組むには互いに個人として代表権を得ることが前提となる。現在日本勢9番手と厳しい状況にある早田は「のってきたら止められない部分もあるし、すごく相性はいい」と張本とのペアに手応えを示しつつ、「シングルスでも勝てる力はついていると思うので、もっと自信を持って戦いたい」と飛躍を誓った。

最終更新:6/16(日) 9:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事