ここから本文です

男性が女性の「面白い」を評価するには人間的成長が必要?リンゴ、ゆりやんに期待

6/16(日) 14:00配信

デイリースポーツ

 世間をあっと言わせた南海キャンディーズ・山里亮太と蒼井優の結婚。だが男性芸人と女優・モデル・アナウンサーの組み合わせはあっても、その逆はない。「面白い」が男性では“モテ要素”になるが女性の場合はそうはならないというハイヒール・リンゴも嘆く。そんな女性芸人の“夢”の実現に、アメリカの番組でも話題となったゆりやんレトリィバァに、一発逆転満塁ホームランを期待する。

【写真】ゆりやん ビキニ風衣装でポールダンス披露

  ◇  ◇

 南海キャンディーズの山里亮太君と、蒼井優さんの結婚会見は、見ていてすごく幸せな気持ちになれました。知り合いのリポーターさんが言っていたのですが、最近は自身のSNSや、事務所発表だけというケースが多く、2人そろっての結婚会見は2016年1月のDAIGOさんと北川景子さんまでさかのぼるとか。

 山里君はブサイクと言われているけど、実はあの髪型と眼鏡を取れば、なかなかのイケメン。だけど彼は芸人だから、わざとブサイクに寄せていったのでしょう。しずちゃん(182センチ)の横だから低く見られがちだけど、実は身長も高い(178センチ)。そして何より頭が良くて、仕事に対してまじめで気配りができる人なんです。

 結婚会見の司会はGAGの宮戸洋行君。これは山里君が、何年も前の飲み会で「結婚会見の司会は僕がやります!」と宮戸君が言ったのを覚えていて、その約束を守ったんですって。宮戸君本人も忘れていたらしいけど、山里君はそれを覚えていて頼んだ。義理堅いと言うか、後輩思いですよね。

 そんな山里君を選んだ蒼井さんも、また蒼井さんのお父さんもいいですね~。結婚を承諾した後に、幾つか準備した返事パターンをやらせてほしいと言って、実際に「どこの馬の骨か分からないやつに、うちの娘をやれるか!」とか、「君にお父さんと呼ばれる筋合いはない!」とか演じ分けたらしい(笑)。今後こんな感じの楽しいあいさつははやるかもしれませんね。

 男性芸人と女優さんやモデルさん、女子アナウンサーの組み合わせは、明石家さんまさんなど、何組もいます。だけどその逆はなかなかないんです。女性芸人が世間もあっと驚くほどのイケメン俳優と結婚!っていうのはかなり難しい。というのも男性の場合「面白い」は重要なモテる要素のひとつなんですが、女性芸人の場合はそれが“モテ要素”にはならないんですよ、これが(笑)。

 私がこの一発逆転満塁ホームランをひそかに期待しているのはゆりやんレトリィバァ。米NBCの公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」で話題になっている若手女性芸人です。英語が話せるという強みを生かし、世界レベルでの活躍が期待できる逸材。彼女ならハリウッドの俳優やミュージシャンと“ラブラブ”なんて夢ではないと思うんだけどなぁ。とにかくここ30年、女性芸人の「夢」はまだまだ発展途上です。男性が女性の「面白い」を高評価するには、ある程度の人間的成長や経験が必要なのかもしれません。

 女性芸人を妻にするメリットですか?もちろんいつも家庭が明るく、楽しくなること!おすすめですよ~。

最終更新:6/16(日) 16:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事