ここから本文です

【インタビュー】25周年記念大会を行う田中稔が大会の見どころとバトラーツ、ヒート時代の思い出を語る!「僕の記念大会とか関係なく全試合ベストバウトを狙って欲しい」

6/16(日) 8:08配信

バトル・ニュース

 6月某日、今月18日(火)に新木場1stRINGでデビュー25周年大会を行う田中稔にインタビューを行った。
 田中稔はUWFに憧れる高校生活の後に1994年に藤原組でデビューし、格闘探偵団バトラーツ、新日本プロレスで活躍。新日本プロレス退団後はメジャー・インディー団体を問わず数多くの団体に上がり続け、今年3月には2017年から継続参戦しているNOAHでGHCジュニアヘビー級王座を初戴冠。丸藤正道以来2人目となるジュニアヘビー級王座のメジャー制覇という偉業を成し遂げた。
 これまで数多くの団体で幾度も王座を獲得し、常にプロレス界の最前線を走り続ける稔だが、最初から順風満帆だったわけではなく、苦悩の連続だったという。
 この日は、稔にデビューからの25年間を振り返ってもらい、記念大会の見どころについて話を聞いた。

『田中稔デビュー25周年記念大会~the special one vol.1~』
日程:2019年6月18日(火)
開始:19:00
会場:東京都・新木場1stRING

▼メインイベント 田中稔デビュー25周年記念試合 60分1本勝負
田中稔(フリー)/黒潮“イケメン”二郎(フリー)
vs
望月成晃(DRAGON GATE)/Hi69(NOAH)

――稔選手は藤原組でデビューしてプロレスラーとしての人生がスタートしましたが、やはりUWFへの憧れがあったのでしょうか
「UWFは高校生のときに夢中になって見てて、高校生の時に履歴書出したんですけど返事来なくて。それで高校卒業して、鈴木みのるさんのファンだったので藤原組に入ったんですけど、メタメタにしごかれてですね、一泊二日で辞めちゃったんですよ。鈴木さんめっちゃ怖くて……。基本心のある優しい方なんですよ。今でも怖いですけど、昔はその比じゃないと思いますね。でも本当に優しい方なんですよ。それで、1年半後の93年に藤原組に入り直して、94年デビューして、1年半くらいですかね。95年の11月を最後にみんなで辞めて、年末にバトラーツですね」

――バトラーツに入ってから稔選手が飛躍したという印象があります
「僕もキャリアの中で所属していたのは新日本プロレスが一番長いんですけど、バトラーツの印象を皆さん言われますよね。新日本に初参戦したときにバトラーツ所属だったので、印象が“バトラーツの選手”なのかもしれないですね」

――新日本プロレス参戦以外でバトラーツ時代で一番心に残っている思い出は
「僕、UWF好きだったんで、RINGSに頻繁に上がらせてもらっていたのは楽しかったですね。すごくいい経験になりました。RINGSに上がっている外国人選手って一流ばっかりだったんで。僕が試合したのも柔道のヨーロッパチャンピオンだったり、菊田早苗選手とか、そういう選手と試合してたから度胸は付きましたね。あと、UWFのリングアナウンサーだった古田さん(故・古田信幸さん)にコールしてもらうのが夢だったんで、メチャメチャ嬉しかったですね」

――UWFから枝分かれした各団体の横のつながりはあったのでしょうか
「UインターとRINGSはダメだったと思うんですけど、僕がいた藤原組はどこともOKだったと思いますね。あっ、PANCRASEとは最初ダメだったかも知れないですね。藤原組から抜けていった方たちなんで。PANCRASEとUインター、PANCRASEとRINGS、RINGSとUインターとかは絶対ダメだったはずですね、あの頃。藤原組とRINGSは業務提携みたいのしてたんで、全然。他の新人も同期が5人いたんですけど、僕が一番RINGSには呼んでもらってたんですよ。だからいい経験してましたね」

――以前のインタビューで『バトラーツの同期は仲が悪い』と話していましたが、実際のところは
「ホント仲悪いんで(笑)バトラーツ時代って、結構バチバチが売りだったじゃないですか。でも僕はバチバチが嫌いだったんですよ。もうちょっと芸術性が欲しいなと思って。ただの街の喧嘩みたいな攻防が嫌いだったんで、どっちかと言うと同門対決よりも他団体の選手との試合が多かったですね。だから今回の大会もTAKAさん(TAKAみちのく)とか望月さん(望月成晃)とかになっちゃって。あと、バトラーツのメンバーだったら、同い年だけど3年後輩で同じバトラーツでジュニアをやってた日高(日高郁人)が入ってくれればもういいかなって。同期はもう良いやって(笑)」

――BASARAの阿部史典選手がバトラーツについてよく熱い想いを語っていらっしゃいます
「あー!阿部くんね!(笑)阿部くんは伝説的な感じで選手同士が仲悪いって聞いてて、ホントに仲悪いの知ったときにすごい喜んでましたね。『ホントに仲悪いんだ!』って(笑)ホントにちゃんと仲悪かったんで(笑)」

――その後、バトラーツから新日本プロレスへ戦いの場を移すことになりますが、新日本プロレスに参戦し始めた頃は苦労も多かったと思います
「あの当時はメジャーとインディーがすごいクッキリ分かれてたんで、インディーの選手はみんなシリーズ完走しないでみんな潰されていくんですよ。僕も最初のシリーズで、高岩さん(高岩竜一)に東京ドームで生まれて初めて記憶を飛ばされたんですよ。だからあの長い花道を歩いた気持ちいいアレも覚えて無くて(笑)あとで映像見て『あぁ、こんな感じだったな』って思うだけで。あのときキャリア5年目だったんですけど、初めて全く記憶がなくなったんですよ。顔面にラリアット食らって。覚えてないんですけど、映像で見ると後頭部に一発食らって顔面にバゴーンと!(笑)その一年後に、僕が新日本にレギュラー参戦してて、当時闘龍門のCIMAくんとスモウ“ダンディ”フジさん(現:ドン・フジイ)と試合したときも、高岩さんに思いっきり顔面にラリアット食らって、もうノビちゃって。そのときは後で記憶戻ってきたから良いですけど。あと、南条隼人さん(現:赤城)も高岩さんにアゴへし折られてそのままリタイアしちゃったりとか。みんなそんな感じでしたね」

――金本浩二選手とはジュニア・スターズを結成することになるのですが、そのきっかけは
「僕が金本さんに初めて静岡でIWGPジュニアに挑戦したときに、『一発殴られたら三発殴り返してやろう』って感じでビンタしたら、それで金本さんに認めてもらえたんですよ。みんなビビってやり返してこないのに僕はやり返してくるんで、それで気に入ってもらって一緒に組んでタッグのベルト獲って、新日本に入団して……っていう流れになっていったんですよ。金本さんとの出会いは大きいですね」

――その後、新日本プロレス所属となってIWGPジュニアヘビー級王座、IWGPジュニアタッグ王座の戴冠や、BEST OF THE SUPER Jr.優勝など華々しい活躍を見せていくことになります
「当時、インディーの選手が潰されていって“最後の切り札”みたいに言われてたんですよ。それで東京ドーム出て、その日すごいラインナップだったんですけど、週刊ゴングに『高岩vs田中がベストバウト』って言われてすごい嬉しかったんですよね。……試合覚えてないんですけど(笑)それで、当時僕はインディー団体から来てて、とにかく皆さんに挨拶しなきゃと思って、練習終えて東京ドーム着いたら選手もみんなバラバラにいるわけですよ。それで走り回って挨拶していったんですけど、最初皆さんインディーの選手に冷たいんですよ。眼の前で挨拶しても見てもくれずにシカトする選手もいたりとか。でも、その日の試合がすごく盛り上がったので、その後いっぱい話しかけてもらったり。その試合が良かったんで、そのあと控室に永島さん(永島勝司)が来て、『スーパージュニア出られるか?』って話をしてくれたらしくて。記憶飛んでて覚えてはいないんですけど(笑)あの東京ドームの試合で人生変わったんですよ。勝てなかったけど爪痕を残せて、そこからスーパージュニア参戦があって、そこで長州さん(長州力)にすごい気に入ってもらって、参戦から2ヶ月位でIWGPジュニアに挑戦させてもらって、そこからレギュラーになっていって……って感じでしたね」

――新日本プロレス時代の話というと、ヒート時代の思い出は
「実は今でもちょくちょくやってるんですよ(笑)近いところで言うと、去年もNOAHのクリスマス大会で出たり、ちっちゃい団体だと『ヒートでやってくれ』って言われて出ることもちょくちょくあるんで、意外とちょくちょくやってるんですよ(笑)2年くらいやったんですけど、最初の1年は嫌で仕方なかったですね。マスクマン希望があったんで、マスクマンやれることになったときにはすごく嬉しくて。最初の打ち合わせ行くときもデザインとか全部関われると思って車運転しながら『あんなアイディア出そう、こんなアイディアも出そう』って思いながら行ったのに、マスクは全部出来上がってたんですよ。それが自分が思い描いていたマスクマンとギャップがありすぎまして。それを見て『こんなんじゃやりたくねーなー』ってはじめから気持ちが乗らない状態で最初の1年間は嫌々でしたね」

――ヒート初期は苦難の時代だったと……
「ゲーム会社から、ヒートの名前ができる前から『マスクマンのキャラクターの中身を稔さんにやってほしい』って話が来てて、僕はタイガーマスクファンだったんで『やりたいです!』って即答したんですけど、最初のプランだと、普段は田中稔がいて、両国・武道館・ドームとかでマスクマンになるっていうものだったんですよ。その頃は、IWGPジュニアまで獲って女性人気も上がってきてたんですけど、その話をもらう一ヶ月前に結婚してですね、女性ファンがガクーッと減って自暴自棄になってたんで、『田中稔は消しても大丈夫です。僕はマスクマンだけやります』って言ってしまったのが失敗だったなと」

――初代タイガーマスクこと佐山サトル選手もデビュー戦のマスクの出来が悪く嫌で仕方なかったと振り返っています
「でも、試合で一気にインパクト残しましたもんね。僕もあの一発でタイガーマスクのファンになりましたもん!ダイナマイト・キッドさんとのデビュー戦は僕も何度も見てます。佐山先生がいなかったら僕もレスラーを目指すことはまず無かったですね」

――ヒートは発表記者会見で正体を明かすという衝撃的な登場でした
「ヒーロー物って、戦っているときは変身してるけど普段は素顔を晒しているじゃないですか。あんな感じで行かないかって。『新しいですね~!』って話になっていたんですけど、新しすぎましたね。メチャメチャ批判されましたもん(笑)正体が分かっていても言っちゃいけないみたいなのがあったんですけど、新しい感覚のマスクマンをやろうって。だから、あの頃もセコンドに付いているときは素顔だったんですよ。移動時とかもオーバーマスクとかプライベートマスクとか被らないでいて。田中稔時代にブーイングもらうことって無かったんで、ヒートをやり始めたときに、プロレスファンの優しいブーイングじゃなくて、本気の怒号が飛び交ったんですね、東京ドームに(笑)それでメチャメチャ落ち込んだんですけど、それを超えて開き直ったというか、『こんな経験中々出来ないな』って思いながらやってて」

1/2ページ

最終更新:6/16(日) 8:08
バトル・ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ