ここから本文です

ワクチンで自閉症が増える? デマ情報に翻弄される母親たち(2)

6/16(日) 11:12配信

BuzzFeed Japan

麻疹(はしか)や風疹などワクチンで防げる感染症が繰り返し流行り、HPVワクチンの接種率が1%未満に落ち込んでいる日本。

SNSでもワクチンに対する不安や不信の声がよく聞こえてきますが、子どもの予防接種に責任を負わされている母親たちは、何を不安に思っているのでしょうか?

ワクチンに関する基本を一緒に勉強する連載。座談会、第2弾は母親たちを惑わすデマ情報について伺いました。
【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

【座談会出席者のプロフィール】

Aさん(43):小学5年生の長男、3歳の長女と夫という家族構成。フルタイムで大手企業に勤める。予防接種を決めるのは主にAさん。長女の予防接種のメニューが長男の時よりかなり増えていて不安。

Bさん(46):中学1年生の長女、小学校2年生の次女、夫という家族構成。フルタイムで中小企業に勤める。予防接種を決めるのはBさん。ワクチンは積極的に受けているが、HPVワクチンだけは不安でうつかどうかの判断を保留している。

Cさん(44):高校2年生の長男、小学校6年生の長女、夫という家族構成。専業主婦。夫の仕事で約10年間イギリスに赴任し、二人の子どもはほぼイギリスで予防接種を受ける。

Dさん(47):大学3年生の長男、中学1年生の長女、夫という家族構成。専業主婦。予防接種は主にDさんが決めてきたが、HPVワクチンについては夫から「受けた方がいいよ」とアドバイスを受けている。

「MMRワクチンで自閉症が増える」というデマ

ーー他にワクチンで不安なことはありますか?

Cさん 夫の赴任でイギリスに約10年間、住んでいました。滞在中に子どもを二人出産しているので、大事な予防接種は全部向こうでやっているんですね。

当時、イギリスではMMRワクチン(麻疹、おたふく風邪、風疹の3種混合ワクチン)がすごく話題になっていました。イギリスではMMRが全て入っているのをうつわけですが、その時に、「王室がMMRをうっていない」という噂が出回ったんです。

というのはMMRワクチンをうつことによって、将来、自閉症になる可能性があるという噂が流れていたんですよ(※)。

ーー世界で一番有名なワクチンデマ(※)ですね。

※イギリスのアンドリュー・ウェイクフィールドという医師は、MMRワクチンによって自閉症になるという説を唱え、1998年、一流雑誌「ランセット」にMMR接種後に自閉症を発症した子どもの事例を報告する論文を発表。ところが、MMRワクチンの製薬会社を訴えようとしていた弁護士から多額の資金提供を受け、論文のデータも捏造していたことが判明して、論文は撤回され、ウェイクフィールドは医師免許を剥奪された。この影響でMMRワクチンの接種率が大幅に低下した(参考)。

Cさん それこそ子宮頸がんのワクチンと一緒で、因果関係もはっきりしていないのに、「自閉症になる可能性がある」という噂や王室がうたなかったという噂があって、結構日本人のママたちはざわついたんですよ。

「MMRってやばくない?」って感じになった。日本人のお医者さんがいる、すごく高額な病院があるんですけれども、自費で皆さんそこに受けに行きました。NHS(国民保健サービス、イギリスでは原則全ての医療費が無料で提供される)という国の病院に行けばMMRワクチンをただでうてるのに、わざわざ日本人医師のいる病院で、M(麻疹)とM(おたふく風邪)とR(風疹)のワクチンを3回別々に受けました。

ーーデマ情報にかなり翻弄されたのですね。

Cさん MMRワクチンも1回だけでなく2回うちますよね。それを皆さん、MとMとRに分けて、2回ずつ受けていて。私も長男の時は1回目、M、M、Rでそれぞれうったのですが、こんな3回もできないと思いました。何回もうつのもかわいそうですね。

それで結局、二人目からはMMRワクチンをうちました。しかもNHSでうちました(笑)。

Bさん 第一子と第二子の差が(笑)。二人目は子育てもおおらかになるよね。

Cさん そうやって、ワクチンにすごく慎重になった時期があるんです。

1/7ページ

最終更新:6/16(日) 11:12
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ