ここから本文です

実はキュウリじゃなくてカボチャの仲間! 旬野菜ズッキーニの美味しい話

6/16(日) 12:50配信

Hint-Pot

 茨城県で年間40品種の野菜を育てる小さな農業を営むこばやしなつみさん。農家の嫁“なっちゃん”が、この時期オススメしたい野菜はズッキーニだといいます。最近は麺状にカットしたズッキーニを「ズードル」として、グルテンフリーの代用麺としてSNSでも話題に。見た目がキュウリに似ているので、同じ種類かと思いきや、実は違うそうです。おいしい見分け方や食べ方を紹介します。

【写真】キュウリじゃないの? “夏のかぼちゃ”ズッキーニ

 ◇ ◇ ◇

これからがおいしいズッキーニは欧州や北米では定番の野菜

 初夏になると、赤や緑の食欲をそそる色鮮やかなお野菜が次々と旬を迎え、食卓に彩りを添えてくれますね。この時期オススメしたい野菜は、ヨーロッパや北米の夏の定番野菜のひとつである「ズッキーニ」。その特徴から美味しいズッキーニの見分け方、食べ方をお届けします。

 ヨーロッパや北米では、家庭の食卓に頻繁に登場するという夏野菜のひとつ「ズッキーニ」。日本では主に6~8月に旬を迎えます。キュウリのような見た目ですが、実はカボチャの仲間です。黄色、濃緑色、薄黄緑色などをした様々な品種があり、キュウリのような細長い形から、丸ナスのような形をしたものもあります。主な栄養成分は、カロテンやビタミンC、亜鉛と言われています。

 約10年前、学生時代にロシアや東欧の国々をいわゆるバックパッカーで貧乏旅行をしていたことがあります。その時、いろいろな人の家に泊めてもらったのですが、ズッキーニをソテーやスープとして出してもらうことがあって、「日本ではあまり食べない野菜だけど美味しいなぁ」と当時は思いました。そのときの美味しい記憶から、我が家でも昨年からズッキーニを育てています。

 最近では、専用のカッターを使って、ズッキーニを麺状に細長くカットしてグルテンフリーの麺の代用品として食べる“ズッキーニヌードル(Zucchini Noodle)”略して“ズードル(Zoodles)”がSNSでも多くシェアされていて、ヘルシーな低カロリー食材としても人気の高い野菜です。水分たっぷりなのに、途中で切れずに麺状になれるズッキーニの果肉のしなやかさに、個人的には驚きです……。

1/2ページ

最終更新:6/16(日) 12:50
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ