ここから本文です

「捨て犬ポチとの20年」一生分の費用約300万円の内訳を公開

6/16(日) 9:00配信

マネーの達人

筆者は、3歳から22歳まで庭付き一軒家で犬と一緒に暮らしていました。

名前はポチです。

ポチとの出会いは突然でした。

筆者が幼稚園から帰ってくると、我が家の庭のすみにポチが捨てられていました。

おそらく、庭がある家ならば犬1匹飼うことができると思い、ポチを置いていったのでしょう。

ポチは生後1か月程度のかわいい子犬で、一目で家族を虜にしました。この日から、ポチは我が家の家族の一員になったのです。

ポチは、筆者が大学を卒業し、社会人になるまでの約20年間生きていました。

約20年の間には、さまざまなことがあります。

今回は、筆者の実際の経験をもとに「犬を最後まで飼うといくらかかるのか」についてお話しします。

犬が家にやってきた まず必要になる初期費用

■市町村へ届け出る費用
ポチは、ペットショップから買ってきたわけではないので、購入費用は0円でした。

しかし、犬を飼うときには住んでいる市町村への届け出が義務付けられています。

届け出には3000円がかかります。

■健康診断・予防接種代など
さらに「拾ってきた犬」のため、病気があるのか予防接種を受けているのかもわからない状態だったのですぐに動物病院へ連れていき、健康診断です。

人間ならば公的な健康保険がありますが、動物には適応されません。

すべて実費で約1万円かかります。

健康診断費用は、動物病院によって差があります。

健康診断で受診した動物病院は、その後も「かかりつけ」となってお世話になる可能性が高いです。

平均よりも相場が高い病院を受診してしまうと、以降の医療費も高くなってしまうでしょう。

このほかにも、初期費用は狂犬病の予防接種が約3500円、ワクチン(初年度3回)約1万5000円、首輪やリード、ブラシも必要です。

首輪やリードは種類が多く、かわいいものが欲しくなりますが、子犬はすぐに大きくなり買い替えが必要になります。

ポチは、犬小屋はおさがりをもらい、食器は使わなくなった鍋で代用しました。

できるだけお金をかけないようにしましたが、必要経費だけでも5万円は準備しておく必要があるでしょう。

1/3ページ

最終更新:6/16(日) 9:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事