ここから本文です

京急「だるま電車」800形が引退特別運転 伝統の「ドア」と「ライト」消える

6/16(日) 18:01配信

乗りものニュース

「オリジナル塗装」を復刻した車両で運転

 京急電鉄で最後に「片開きドア」「1灯式ヘッドライト」を採用した800形電車が、まもなく引退の日を迎えます。2019年6月16日(日)、特別貸切列車「ありがとう800形」が引退に先立ち運転されました。

【写真】800形「最後」のイベント運転に密着!

 800形は40年以上前の1978(昭和53)年にデビューし、1986(昭和61)年までに132両が製造された通勤電車。おもに普通列車(都営浅草線方面に直通する列車を除く)で使われてきましたが、老朽化が進んだことなどから引退が決まりました。

 このイベントでは、デビュー当時の塗装に戻された823編成(6両)を使用。4月に発売された記念きっぷの購入者のなかから選ばれた80人が乗り込み、品川駅を午前9時ごろ発車しました。

 車内では、お笑いタレント「ダーリンハニー」の吉川正洋さん、「ななめ45°」の岡安章介さん、ホリプロマネジャーの南田裕介さんら、鉄道好きの有名人による検札を実施。車両の形式にちなんだビンゴ大会も行われました。この列車に乗った京急沿線在住の50代男性は、800形がデビューした当時の印象について「インパクトがあった。車内が意外とすっきりしたデザインでまとまっていた」と語りました。

 特別貸切列車は午前10時ごろ、京急久里浜線の北久里浜~京急久里浜間にある久里浜工場(神奈川県横須賀市)に到着。ここで参加者が下車し、800形の撮影会やトークショーが行われました。

 800形は、それまでの京急の車両からデザインが大きく変わりました。先頭の部分は、車両の連結時や脱出時に使うドア(貫通扉)がなく、横に大きく広がる窓を設置。その上には黒枠のガラス窓が3つ並び、そこにヘッドライトや行き先表示装置などが設置されました。

「新技術」と「昔ながらのデザイン」が同居

 また、従来の車両は赤をベースに白い細帯を窓の下に巻いていましたが、800形は窓の周りを白く塗り、白の部分を大きく広げました。特に先頭の部分は赤と白、そして黒の3色がそろっているためか、鉄道ファンからは「だるま」と呼ばれました。

 この塗装はのちに、快特など通過駅が多い優等列車の塗装として使われることに。800形は従来車に近い塗装に塗り替えられましたが、先頭の塗装は変わりませんでした。なお、2016年には823編成がデビュー時の塗装に戻されています。

 このほか、「界磁チョッパ制御」や「電力回生ブレーキ」など電気を効率的に使うことができるシステムを導入。運転室のハンドルレバーは、自動車のアクセルペダルに相当するレバーとブレーキレバーを一体化をした「ワンハンドルマスコン」を採用するなど、当時としては最新の技術や機器類が多数盛り込まれました。このイベントに同行した元運転士の関係者は、800形について「(貫通扉のある車両に比べ)運転室が広くて見通しもよく、ワンハンドルマスコンも使いやすくて運転しやすかった」と話しました。

 その一方、京急の車両の「伝統」となっていた昔ながらのデザインも「同居」しています。そのひとつが「片開きドア」です。

 かつての通勤電車のドアは、ひとつの引き戸が片側に開く「片開き」が一般的でしたが、1960年代から1970年代にかけ、引き戸をふたつに分けて両側に開く「両開き」が普及。ところが、京急は1970年代末期にデビューした800形まで片開きドアを採用し続けました。これは京急の副社長を務めた、故・日野原 保氏の方針によるものといわれています。

1/2ページ

最終更新:6/17(月) 10:25
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ