ここから本文です

EXILE AKIRAの結婚を三池崇史監督が祝福!国際短編映画祭「 SSFF&ASIA 2019」が華やかに閉幕

6/16(日) 22:10配信

TOKYO HEADLINE WEB

 アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2019』のアワードセレモニーが16日、都内にて行われ、世界で唯一、巨匠ジョージ・ルーカスの名を冠する映画賞でもあるグランプリをはじめ、各部門の優秀賞が発表。また同映画祭から生まれたオムニバスシリーズ「CINEMA FIGHTERS project」第3弾のラインアップ全5作品が発表され、EXILE HIROやEXILE AKIRA、三池崇史監督ら豪華な顔ぶれが登壇した。

 グランプリ「ジョージ・ルーカス アワード」を受賞したのは、アジア インターナショナル部門優秀賞を受賞したツェンファン・ヤン監督の『見下ろすとそこに』。今年から米国アカデミー賞ノミネート候補への推薦枠が拡大されたことにより、同作に加え、 インターナショナル部門優秀賞『兄弟愛』、ジャパン部門優秀賞『マイリトルゴート』、ノンフィクション部門受賞作『ドゥルセ』も、翌年の米国アカデミー賞短編部門ノミネート候補作品となる。

「CINEMA FIGHTERS project」はEXILE HIROとSSFF&ASIA代表の別所哲也、作詞家の小竹正人の3人によって打ち出された、詩と音楽、映像をひとつに融合するプロジェクト。この日は全5作品から『Beautiful』の三池崇史監督とEXILE AKIRA、佐藤大樹主演作『魔女に焦がれて』 の井上博貴監督、松永大司監督作『On The Way』の今市隆二、『Ghosting』の洞内広樹監督と佐野玲於、行定勲監督作『海風』の小林直己が登壇。

 第3弾についてHIROは「また素晴らしい監督たちとの出会いがあり、それぞれ、すごい世界観の作品となっています。今回から作詞家の小竹さんと監督たちが直接、打ち合わせして作ってくださったので、より曲に入り込みやすい作品になっていると思います」と意気込みを語った。今回、震災直後の被災地での男女の出会いを描いた三池監督は「非常にデリケートな部分をふくんでいながら、どんな人が見ても心が温かくなって、もう1歩進んでみるか、と思える作品。言ってみれば…」とAKIRAに顔を向け「ご結婚、おめでとうございます。…というような作品です(笑)」と祝福。そんな監督の言葉にAKIRAも「人生の節目を迎える前に、俳優としても一歩、監督に背中を押していただいた作品となりました。本当に感謝しかありません」と返した。

 第3弾は『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』のタイトルでこの秋に公開される。

最終更新:6/16(日) 22:10
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事