ここから本文です

世界30位のベレッティーニ 今季2度目Vへ「ベスト尽くす」、決勝でオジェ アリアシムと激突<男子テニス>

6/16(日) 15:34配信

tennis365.net

メルセデス・カップ

男子テニスのメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)は15日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク30位のM・ベレッティーニ(イタリア)が同38位のJ・シュトルフ(ドイツ)を6-4, 7-5のストレートで破り、決勝進出を果たした。

【ベレッティーニ、カチャノフ破り「本当に幸せ」】

今年4月のハンガリアン・オープン(ハンガリー/ブダペスト、レッドクレー、ATP250)で今季初タイトルを獲得している23歳のベレッティーニはこの試合、ファーストサービスが入った時に89パーセントの高い確率でポイントを獲得。リターンゲームでは2度のブレークに成功し1時間14分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトでベレッティーニは「今週は本当に良いプレーが出来ていて、コートでも快適に過ごせている。昨年の芝と比べて多くのことを改善している」と振り返った。

優勝をかけて決勝では第7シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦する。18歳のオジェ アリアシムは第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)が準決勝を棄権したため決勝へ駒を進めた。

ベレッティーニは「彼(オジェ アリアシム)は素晴らしい選手。今年3度目の決勝に勝ち進んでいる。本当に良く戦っていると思う。試合では何が起こるかわからない。彼と戦うのは初めてだけど、練習はここに来てから1度だけした。面白いゲームになると思うし、そうなるようベストを尽くす」とコメントを残している。

最終更新:6/16(日) 15:34
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ