ここから本文です

大迫の旬 召し上がれ お山カフェアスチルベ 山の幸で新メニュー【岩手】

6/16(日) 10:31配信

岩手日日新聞社

 花巻市大迫町内川目のお山カフェ「アスチルベ」(小国文子代表)は、地元産の山の幸を生かした新メニューを販売している。ひっつみ汁と山菜料理を組み合わせた「大迫の恵セット」や「季節を楽しむピザ」など素材にこだわったラインアップを取りそろえ、早池峰山の登山客や観光客らに大迫の食の魅力を伝える。

 「大迫の恵セット」は、旬の食材を使った混ぜご飯や炊き込みご飯など「季節のご飯」を主食にし、ひっつみ汁や山菜の小鉢、山菜の天ぷら、漬物を添えて900円(税込み)で提供している。「季節を楽しむピザ」は大迫産野菜や山菜のチーズピザで、サラダ、ルイボスティー付きで900円(同)。ソーセージとベーコンを乗せたトマトソースの「いつものピザ」、野菜や豆を使いレモン風に味付けした「魔女ピザ」も同価格とした。

 このほか、ファーマーズフローリスト岡居亜優美さん(同市石鳥谷町)が生産する無農薬エディブルフラワー(食べられる花)を飾った「お花のパフェ」も「苺(いちご)&ベリー」「チョコ」「コーヒー」の3種類(いずれも税込み500円)を用意。

 登山で渇いたのどを潤すご当地ジュースのブドウ、リンゴ、ウメ、それぞれのスカッシュ(同400円)も新たに加えた。

 アスチルベは早池峰山の麓に昨年オープン。今年も夏山シーズンに合わせ、5月3日に営業を開始した。壁一面が窓ガラスに覆われた開放的な店内には25席ほどが配置され、各種飲食メニューに加え、早池峰山の関連グッズや大迫産の野菜なども販売している。

 小国代表(52)は「地元食材のおいしさを発信できるように試行錯誤した。県内外の人たちに味わってもらい、一息ついていただきたい」と新メニューをPRしている。

 営業時間は午前11時から午後4時まで。水、木曜日定休。問い合わせは同店=0198(48)5223=へ。

最終更新:6/16(日) 10:31
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事