ここから本文です

レーダーに巨大な影が! UFO襲来か? →テントウムシの群れでした

6/16(日) 21:12配信

ギズモード・ジャパン

画面だけ見てたらギョッとしますよね。

ちょっと想像してみてください。とある火曜日の夜、夜勤で退屈していて、アメリカ国立気象局が映す南カリフォルニア周辺のレーダーを見ていた、とします。

【動画】レーダーに巨大な影が! UFO襲来か? →テントウムシの群れでした

そして、何やらレーダーに奇妙なものが映ります。正体不明の巨大な塊が、西海岸を北からゆっくり南下してくるのです。どうやら雨雲ではないようですが……そしてその130km四方のウゴウゴした巨大な物体は、どうやらサンディエゴを目指しているらしいことに気付くのです。最近話題になるUFOネタが頭をよぎり、もしかしたら、ついにテレビがさんざん煽ってきた、異星人が地球を侵略しに来たか? なんて考えてしまうかもしれません。もうあなたな画面に釘付けです。

その正体は

ネタバラしをしてしまうと、その130km四方に広がった巨大な塊は、地上1.5km~3kmを飛翔するテントウムシの大群だったのでした。特に16km四方に密集した中心は、地上の人々から黒い点の集合体が飛んでいるように見えたかもしれません。

Los Angeles Timesがシェアしたアメリカ国立気象局のレーダー映像にて、その様子を見ることが出来ます。

夜10時前のエコー画面ですね。

虫嫌いの人たちが多い中、テントウムシは即座に気持ち悪がられない希少な種類のひとつではないかと思われます。もし彼らが上陸して、テントウムシ王国を作ったら、さぞや平和的な国になることでしょうね。

大移動の理由

Los Angeles Timesいわく、テントウムシは春になると毎年シエラ・ネヴァダ山脈から繁殖と捕食、そして産卵のために南下してくるのだそうです。

しかし飢えてなお、お盛んなテントウムシたちは、どこまで南下していくのでしょうか?

Source: Twitter, Los Angeles Times

Patrick Howell O'Neill - Gizmodo US [原文] ( 岡本玄介 )

最終更新:6/16(日) 21:12
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事