ここから本文です

国のチョウに指定のオオムラサキ、さいたまの自然庭園で羽化 いずれもオス、今後はメスのチョウも

6/16(日) 10:31配信

埼玉新聞

 埼玉県さいたま市見沼区のみぬま見聞館自然庭園前のケージで、オオムラサキがさなぎから成虫になり、美しい羽を見せている。

カルガモの親子、さいたまの住宅街に迷い込む 事故に巻き込まれたら…住民らが協力し誘導 無事、川に戻る

 オオムラサキは国のチョウに指定されている。飼育担当の大宮南部浄化センター職員の長谷川一康さんによると、チョウになったのは5頭でいずれもオス。しばらくするとメスのチョウも見られるようになるという。

 幼虫はエノキの葉を食べて育ち、6月上旬にさなぎになり2週間ほどで羽化する。現在はさなぎと幼虫が合わせて26頭確認されている。同センターの豊田雅彦所長は、「成虫には昆虫ゼリーなどを与える。順調なら羽化してから20日以上生きる」と話している。

最終更新:6/16(日) 10:31
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事