ここから本文です

PSG 超有望株2人を独&仏の強豪に売却へ...デ・リフト資金捻出

6/16(日) 12:03配信

SPORT.es

オランダ代表MFデ・リフトの今後はまだ不明である。PSGが夏の移籍市場に向けて行動を開始している。ファイナンシャル・フェアプレー規則(FFP)の違反を避け、マタイス・デ・リフト獲得の資金を増やすために、ムサ・ディアビとティモシー・ウェアを売却する。

久保建英 バルサ蹴り、レアル加入の決め手は“2年目の保証”

PSGはムサ・ディアビをバイエル・レバークーゼンに1,500万ユーロ(約18億3,000万円)で売却すると見られている。またこの19歳の若き選手が才能を発揮し、レバークーゼンがこの選手を第三のクラブに売却する際には、20%の移籍金がPSGに支払われるという。

またPSGを退団したとしても、レバークーゼンが来季欧州CL出場権を得ている為、ティアビは同大会に出場することができる。

元サッカー選手でリベリア大統領のジョージ・ウェアを父に持つティモシー・ウェアは、冬の移籍市場でセルティック・グラスゴーにローン移籍しているが、PSGはこの選手を1,000万ユーロ(12億2,000万円)でリールに売却するだろう。

フランスメディアはPSGがFIFAのFFP違反を防ぐ為に今後より多くの選手を売却すると予想している。各クラブには補強獲得の為に1億ユーロ(約120億円)の予算があるが、PSGはマタイス・デ・リフトを手に入れる為、できるだけの資金を手に入れたいと考えている。

SPORT

最終更新:6/16(日) 12:03
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事