ここから本文です

社会問題を写す「世界報道写真展2019」、大阪・京都・滋賀で開催

6/16(日) 7:00配信

Lmaga.jp

世界中の報道カメラマンが、1年間で撮影した報道写真を出品する『世界報道写真コンテスト』。その受賞作の展覧会が、関西3会場で順次開催される。

1955年に設立され、今年で62回目を数える同コンテスト。北京・天安門事件を象徴する写真となった、戦車の行く手を遮る男性「タンクマン(無名の反逆者)」をはじめ、その受賞作は歴史的な大事件を切り取り、黒人差別や難民問題、エイズなど社会で起こるさまざまな問題を世界に伝えてきた。

世界129の国と地域から4738名の報道カメラマンが参加した今年。大賞を受賞したのはアメリカの写真家ジョン・ムーアの作品。メキシコとの国境近くで母親とともに拘束され、泣く子どもの姿を捉えた同作は、アメリカの移民政策に大きな影響を与えたとされている。この大賞のほか、「現代社会の問題」「一般ニュース」「環境」「長期取材」など、8部門43名の受賞作品が展示される。

この展覧会は大阪「ハービスHALL」(大阪市北区)で8月6日から8月15日まで開催されるほか、9月23日からは滋賀「立命館大学びわこ・くさつキャンパス」(滋賀・草津市)で、10月7日から京都「立命館大学国際平和ミュージアム」(京都市北区)で開催される。入場料は大人700円(滋賀会場、京都会場は500円)。

最終更新:6/16(日) 7:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事