ここから本文です

旬のアユ香り良く 庄川の料理店にぎわう

6/16(日) 23:36配信

北日本新聞

 庄川のアユ釣り漁が解禁された16日、砺波市内のアユ料理店では県内外から客が訪れ、旬の味覚を楽しんだ。

 この時期のアユは、香りが良く、脂が乗っていて身がふっくらとしている。

 同市庄川町金屋の「鮎の里」では、午前11時のオープン前から客が列を作った。店内には炭火の香りが漂い、客は体長13センチほどのアユの塩焼きのほか、甘露煮や酢の物などを味わった。石川県七尾市から夫婦で訪れた柳瀬卓也さん(62)は「癖がなく頭から尻尾までおいしく食べられた」と話した。

 高宮伯典店長は「アユは日本のわびさびの味。幅広い世代の人に堪能してほしい」と話した。

北日本新聞社

最終更新:6/16(日) 23:36
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ