ここから本文です

【MLB】ユーイング?ブーイング? ダルビッシュが591日ぶりLA登板で3回まで4K無失点!

6/16(日) 11:03配信

Full-Count

敵地ドジャース戦で17年ワールドシリーズ第7戦以来591日ぶりにLA登板

■ドジャース – カブス(日本時間16日・ロサンゼルス)

 カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、今季3勝目をかけて敵地・ドジャース戦で先発。591日ぶりのロサンゼルスでの登板は3回まで4奪三振1安打無失点に抑え、3回1死の第1打席では場内が異様な雰囲気に包まれた。

【動画】ダルビッシュがドジャースタジアムのマウンドに再び…“キレ”のある投球で三振の山を奪う!

 ドジャース・ビューラーとの投げ合い。初回はピーダーソンを遊直、ベルドゥーゴを左飛、ターナーを初球で二飛に仕留めた。11球で3者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せると、2回はベリンジャーを95.5マイル(約153.7キロ)で見逃し三振。マンシーに左前打を許したが、ビーティを見逃し三振、ヘルナンデスをスライダーで空振り三振に仕留めた。

 3回1死の第1打席ではドジャースファンから「ユーイング」か「ブーイング」が判別のつかない声援を送られた。米テレビ局「ESPN」のカブス番、ジェシー・ロジャース記者は自身のツイッターで「彼が打席に立つ際、ファンはブーイング、もしくはユーイングしている」と速報した。場内が異様な雰囲気に包まれる中、第1打席は空振り三振に倒れた。

 3回は先頭のバーンズを見逃し三振、ビューラーを二ゴロ、ピーダーソンを三ゴロに仕留めた。

 同球場では17年11月1日(同2日)のアストロズとのワールドシリーズ第7戦で2回途中5失点を喫して以来の登板。復活へ4月27日のダイヤモンドバックス戦以来49日ぶりの勝ち星を目指している。

Full-Count編集部

最終更新:6/16(日) 14:14
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 15:45

あなたにおすすめの記事