ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、9戦連続勝敗つかずも米メディア称賛の嵐「なんて夜なんだ」

6/16(日) 14:29配信

Full-Count

17年ワールドシリーズ第7戦以来のLA登板で7回10K2安打1失点と躍動

■カブス 2-1 ドジャース(日本時間16日・ロサンゼルス)

 カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、今季3勝目をかけて敵地・ドジャース戦で先発した。17年11月1日(同2日)のワールドシリーズ第7戦以来591日ぶりのロサンゼルス登板は7回10奪三振2安打1失点と快投。1点ビハインドの場面で降板したが、9回にリゾが逆転19号2ラン。チームは逆転勝ちし、右腕は9試合連続で勝敗付かずの球団記録となった。防御率4.65となった。

【動画】ダルビッシュがドジャースタジアムのマウンドに再び…“キレ”のある投球で三振の山を奪う!

 4回先頭でベルドゥーゴに先制ソロを浴びたが、同2死三塁を脱するとピンチらしいピンチも作らせなかった。7回109球(ストライク68球)を投げ、今季2度目の2桁10奪三振、1四球、2安打1失点。3試合ぶり今季4度目のクオリティ・スタートを達成し、日本人最多を更新する大リーグ通算36度目の2桁三振を奪った。

 球団記録が残る1908年以降では最長となる9試合連続勝敗なし。それでも、9回逆転勝ちを演出した右腕に、米メディアは敵味方関係のなく称賛した。米スポーツ局「ESPN」のカブス番、ジェシー・ロジャース記者は自身のツイッターで「ユウ・ダルビッシュがキャリア最多となる7つの見逃し三振。合計10奪三振。素晴らしい登板だ」と称賛。MLB公式サイトのカブス番、ジョーダン・バスティアン記者も自身のツイッターで「ダルビッシュが7イニングに渡る素晴らしい投球をして、10個の三振を奪った」と伝え、米テレビ局「NBCスポーツ」が運営する「カブス・トーク」は「カブスのユウ・ダルビッシュによる、キャリア36度目となる2桁奪三振の活躍」と奪三振ショーを称えた。

 かつて所属したド軍メディアも大盛り上がりだ。地元紙「LAタイムズ」のコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者は「なんて夜なんだ」と大興奮。ドジャース先発のビューラーも7回2安打無失点と好投した。米全国紙「USAトゥデー」のボブ・ナイチンゲール記者は「ビューラーとダルビッシュによる素晴らしい投手戦だ」と称えていた。

Full-Count編集部

最終更新:6/16(日) 19:09
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事