ここから本文です

中日、壮絶サヨナラ負け… 一時6点リードも、9回大量6失点 ロッテ大逆転勝利

6/16(日) 17:47配信

Full-Count

5点リードの9回、田島、マルティネス、ロドリゲスでひっくり返される

■ロッテ 8-7 中日(交流戦・16日・ZOZOマリン)

 中日が壮絶な逆転サヨナラ負けを食らった。16日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦。8回表を終えて7-1とリードしながら、そこからロッテの猛反撃にあい、大逆転サヨナラ負けを喫した。

【動画】悲劇の逆転負けはここから始まった... ロッテ・岡大海のバックスクリーン上段に飛び込むソロホームラン

 2回に藤井の適時打、京田のスクイズで2点を先制した中日。その後、京田が4回に適時打、6回に適時三塁打を放つなど4打点と躍動し、8回表を終えた段階で7-1と6点のリードを奪った。

 楽勝ムードが急転したのは9回だった。8回に岡の特大弾で1点を返されると、9回に悪夢が…。この回からマウンドに上がった田島が先頭の鈴木にソロ本塁打を浴びると、1死から連続四球などで一、三塁とされた。ここで田島は降板となった。

 代わったマルティネスが中村奨に適時二塁打、続く藤岡に2点適時打を浴びて1点差に迫られた。2死から田村に右前安打で繋がれ、荻野には四球を与えて満塁に。ここで中日ベンチはマルティネスを諦めて、ロドリゲスをマウンドに送った。

 2死満塁の大ピンチで、ロドリゲスがこの回2打席目となった鈴木にサヨナラ打を浴びた。フルカウントからの6球目、内角高めの真っ直ぐにバットは粉砕。だが、打球は一、二塁間に飛び、飛び込んだ亀澤のグラブの先を抜けた。2人の走者が相次いで生還。6点リードがまさかの逆転サヨナラ負け。中日にとって悪夢の1日となった。

Full-Count編集部

最終更新:6/17(月) 20:50
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ