ここから本文です

U-22日本代表、トゥーロン国際初制覇ならず…PK戦の激闘の果てブラジルに屈す

6/16(日) 1:09配信

SOCCER KING

 第47回トゥーロン国際大会2019の決勝が15日に行われ、U-22日本代表とU-22ブラジル代表が対戦した。

 ここまでの4試合で15得点無失点と、力をいかんなく発揮しているブラジルに対し、大会初の決勝進出を果たした日本代表はPK戦の末に勝利した12日のメキシコ戦から先発4人を変更。田中駿汰、長沼洋一、舩木翔、小川航基がピッチに立った。

 日本のプレスを剥がして押し込むブラジルは19分、中央を割るとマテウス・クーニャ(ライプツィヒ/ドイツ)のラストパスからアントニー・マテウス(サンパウロ)が決めて、先制に成功する。

 苦しい展開となった日本だったが、ワンチャンスをものにする。39分、ロングボールをCBがヘディングで処理するが、中途半端なボールとなってしまうと、落下点に入っていた小川が左足ダイレクトボレー。しっかりと抑えた弾道がゴール右に決まって、同点とした。ブラジルは今大会初失点となった。

 後半に入ると時間の経過とともに、日本が中盤でボールを持てる時間が増加するが、なかなか決定機までは至らず。守備ではミスから危ない場面を招きかけるところもあったが、体を張った守備は最後まで切れず。1-1のまま、PK戦となる。

 PK戦では先攻のブラジルが5人全員が成功したのに対し、日本は5人目となった旗手怜央のシュートがセーブされて、ブラジルが5年ぶり9度目のトゥーロン国際優勝を果たした。

【スコア】
U-22日本代表 1-1(PK 4-5) U-22ブラジル代表

【得点者】
0-1 19分 アントニー・マテウス(ブラジル)
1-1 39分 小川航基(日本)

【スターティングメンバー】
日本(3-4-2-1)
オビ・パウエルオビンナ;大南拓磨、岡崎慎、田中駿汰;長沼洋一、田中碧、高宇洋、舩木翔(46分 相馬勇紀);岩崎悠人(66分 三笘薫)、旗手怜央;小川航基(81分 神谷優太)

SOCCER KING

最終更新:6/16(日) 2:52
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ