ここから本文です

自家用車運転中に腹立て「出てこい、こらぁ」など怒号 高速バス運転手をあおり運転疑いで逮捕

6/16(日) 10:15配信

佐賀新聞

 武雄署は15日、自家用車であおり運転をして乗用車を停車させ、窓ガラスをたたくなどした暴行の疑いで、武雄市武雄町、高速バス運転手の男(39)を逮捕した。あおり運転をしたとして佐賀県内で逮捕されたケースは初めて。

 逮捕容疑は4月21日午後10時40分ごろ、武雄市北方町大﨑の県道で、30代男性が運転する乗用車を無理に追い越した際にパッシングされたことに腹を立て、急ブレーキをかけるなどのあおり運転をして男性の車を停車させ、「出てこい、こらぁ」など怒号を浴びせて運転席の窓ガラスを複数回たたくなどした疑い。男は「間違いありません。やり返しただけ」などと供述しているという。

 武雄署によると、現場は片側1車線の追い越し禁止区間。被害男性の車には30代の妻と2歳の子どもが乗っていた。妻が110番し、同署は被害男性の車のドライブレコーダーの映像や後続車の目撃証言などから男を割り出した。男が勤務するバス会社名は公表していない。

最終更新:6/16(日) 20:03
佐賀新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ