ここから本文です

四国高校選手権 柔道団体 新田、男子21連覇 女子3連覇

6/16(日) 10:09配信

愛媛新聞ONLINE

 四国高校選手権大会は15日、4県の各会場で25競技を行った。愛媛勢は、柔道団体で新田が男子21連覇、女子3連覇を飾った。バドミントン男子団体も新田が3年連続で頂点に立った。
 陸上は、上位6人が大会新を出した女子ハンマー投げを尾崎琴音(今治明徳)が46メートル47で制し、同400メートルは松崎百華(松山北)が1位だった。剣道は男子個人で藤田脩人(帝京第五)、女子は靍田杏実(済美)が優勝した。雨天でソフトボールやソフトテニス、男子サッカーなどが順延となったほか、陸上は中断を挟み3時間以上ずれ込んだ。
 16日は4県の各会場で競技が行われる。

愛媛新聞社

最終更新:6/16(日) 10:09
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事