ここから本文です

マーケター&イノベーション推進者等が集結! ビジネスフレームワークの共通言語化を学ぶWSを開催しました

6/17(月) 12:00配信

MarkeZine

マーケター&イノベーション推進者等が集結! ビジネスフレームワークの共通言語化を学ぶWSを開催しました

画像

 2019年6月12日(水)、定期誌『MarkeZine』の購読者向けセミナー「MarkeZine Premium Seminar vol.3」を開催しました。「ビジネスフレームワークの共通言語化をワークショップで学ぶ」というテーマのもと、マーケティング関連部署の方から新規事業担当、イノベーション推進室の方まで、約60名の参加者が集いました。

【写真・画像】マーケター&イノベーション推進者等が集結! ビジネスフレームワークの共通言語化を学ぶWSを開催しました

話題の書籍『ビジネスフレームワーク図鑑』の著者である
株式会社アンドの小野氏・宮田氏を講師にお招きしました フレームワークとは「思考の枠組み」のこと。複雑な情報を構造化して整理し、論理的に考えることを支援してくれる思考ツールです。ワークショップでは、フレームワークに振り回されずに、使いこなすポイントを体験。またAIDMAを例に、フレームワークそのものを改良する取り組みも行いました。

会社の枠を越えて、白熱した議論が展開。
2時間半のワークショップも、あっという間でした! フレームワーク活用において、「抽象/具体」と「一般/個別」の2軸で対象を捉え、4つのフェーズ「一般的な意味や活用法を知ること」「他社事例・客観的な観察を見ること」「自社施策を考えること」「自社なりの定義や活用法を再定義すること」を追って、思考を深めていくことが重要です。2時間半のワークショップを通して、フレームワークという武器を使いこなすポイントが共有されました。

 その後の懇親会でも、会社の枠を越えて盛り上がりました。業種や立場は異なりますが、変化の激しい環境下で、新しい施策や事業に挑む仲間たちと出会う場となりました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました! 

最終更新:6/17(月) 12:00
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ