ここから本文です

ノックスクート、年内に日本3路線へ スクート日本支社長に比留間氏

6/17(月) 17:17配信

Aviation Wire

 シンガポール航空(SIA/SQ)系LCCのスクート(TGW/TR)は、日本支社長に比留間盛夫氏を任命し、5月9日付で着任した。比留間氏はグループのノックスクート・エアライン(NCT/XW)の日本支社長も兼任する。比留間支社長は6月17日、都内で報道向け説明会に登壇し、日本路線の現状を説明した。

◆アテネが一番人気

 シンガポールのチャンギ空港を拠点とするスクートは、日本3都市に乗り入れている。成田へは台北(桃園)経由で週12往復、バンコク(ドンムアン)経由で週7往復運航。関西へはバンコク経由で週3往復、高雄経由で週7往復のほか、直行便を週4往復運航している。このほか札幌へは台北経由で週4往復運航し、冬季には直行便を週2往復設定する。

 同社の日本路線では、関空経由で運航していたシンガポール-ホノルル線のうち、関西-ホノルル線を5月7日の運航を最後に運休。シンガポール-関西線の直行便は継続する。比留間支社長は運休について「全体での需要が、目標をやや下回った」と説明した。

 スクートは現在、豪州や中国、サウジアラビアなど17カ国・地域65都市に就航している。比留間支社長によると、日本からシンガポール経由での渡航は、アテネが最も多いという。

◆ノックスクート、年内に日本3路線

 バンコクのドンムアン空港を拠点とするノックスクートは、日本2都市に乗り入れており、成田へは週7往復、関空へは週6往復運航している。

 2018年8月にAviation Wireの単独インタビューに応じたノックスクートのギャン・ミン・トー副最高経営責任者(Deputy CEO)は、日本3路線目について「1年以内にどこかに就航する」と述べていた。比留間支社長によると、3路線目は年内に発表できる見込みだという。バンコクからの直行便か第三国経由かについても未定とした。

 ノックスクートは現在、ボーイング777-200ER型機(2クラス415席:スクート・ビズ24席、エコノミー391席)を5機保有。このほか、737-800の導入も計画している。777の後継機材については今後選定を進めるという。

  ◇ ◇ ◇

 比留間支社長は1980年、東京生まれ。貨物を取り扱うユーピーエス・ジャパンへ2005年に入社し、貨物機運航の地上係員として勤務した。2010年にはエバー航空(EVA/BR)に入社し、定期便の販売促進などの営業活動のほか、定期チャーター便や新規路線の立ち上げなどにも携わった。

 2014年にはエアアジア・グループに移り、クアラルンプールからの中長距離路線を担うエアアジアX(XAX/D7)で、日本地区営業責任者を務めた。

 比留間支社長の前任の坪川成樹・前日本支社長は、4月末で退職した。

Yusuke KOHASE

最終更新:6/17(月) 17:38
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ