ここから本文です

『アイマス シンデレラガールズ』“プロデューサーさん感謝祭”リポート! ライブパートは珠玉の名曲の数々&桜咲千依さんによるDJプレイに大熱狂!!

6/17(月) 1:37配信

ファミ通.com

文・取材:NiSHi

 2019年6月16日、東京・新木場スタジオコーストにて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』(以下、『シンデレラガールズ』)のイベント“プロデューサーさん感謝祭”が開催された。

 本イベントは、日本コロムビアより発売された『シンデレラガールズ』関連CDのオリコン週間ランキングトップ10入りを果たしたタイトル数が累計100作を突破した記念に開催されたもの。本記事では、その模様をお届けする。出演者は以下の通り。

出演(敬称略)
青木瑠璃子(多田李衣菜役)
桜咲千依(白坂小梅役)
大坪由佳(三村かな子役)
高田憂希(依田芳乃役)
立花理香(小早川紗枝役)
種崎敦美(五十嵐響子役)(※)
長島光那(上条春菜役)
原紗友里(本田未央役)
松嵜麗(諸星きらり役)


※種崎敦美さんの崎は、正しくは“たつさき”です。以下同じ。



 開演に先駆けて、『Trancing Pulse』(作詞)、『Neo Beautiful Pain』(作詞、作曲、編曲)など、『シンデレラガールズ』関連の楽曲も数多く手掛ける、AJURIKAさんによるDJプレイが行われた。会場に集まったプロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)も持参したペンライトを振りつつ、全力のコール&クラッピングで、開演前から大盛り上がり。


 AJURIKAさんのDJプレイにより会場が熱気に包まれる中、いよいよ“プロデューサー感謝祭”が幕開け。『STORY』のイントロとともに、それぞれのアイドルをイメージした個別衣装に身を包んだキャスト陣が登場。各キャストによるセリフを交えた挨拶が行われた後、さっそく最初のコーナー“シンデレラモーメント”へ。同コーナーは、オリコンシングルランキングTOP10に入った『シンデレラガールズ』楽曲のうち、キャスト陣が歌唱に参加している楽曲についてトークするというもの。

 まずは、『お願い!シンデレラ』について。キャスト陣が池袋サンシャインシティにて行われた同曲のリリースイベントを振り返りつつ、「当時、イベントに参加したプロデューサーはいますか?」と問いかける。すると、多くのプロデューサーから手を挙がり、キャスト陣は驚きつつ、喜びをあらわにしていた。

 『パステルピンクな恋』について大坪さんは、ドラマパートとても印象に残っていると語った。また、立花さんは同曲が小早川紗枝として歌唱する2曲目の楽曲だった明かし、楽曲のイメージを保ちつつ、紗枝の“はんなり感”をどう表現しようか必死に考えたというエピソードが語られた。

 長島さんは『Snow Wings』が、上条春菜として初めてフル尺の楽曲を収録した曲であったため、とても緊張したそう。また、6thライブでフルメンバーで歌唱できたことをうれしそうに話していた。

 『M@GIC☆』については、青木さんがライブにおいてアンコールで歌われることが多い楽曲としつつ、歌唱のたびに会場がオレンジ色のペンライトで染められた光景がとてもきれいだと思い出を語っていた。


 続いては、“秋葉原・感謝祭レポート”として6月15日、16日の2日間、秋葉原の各所にて開催された“プロデューサーさん感謝フェス in 秋葉原”の各イベントの模様が、写真とともに紹介された。

 なお、ファミ通.comでは、“プロデューサーさん感謝フェス in 秋葉原”の全イベントのリポートを後日掲載予定なので、そちらもお楽しみに!

[2019年7月19日 “プロデューサーさん感謝フェス in 秋葉原”の全イベントのリポートを公開しました]
『アイドルマスター シンデレラガールズ』“プロデューサーさん感謝フェス in 秋葉原”全12イベントリポート! 料理、ギター演奏、漫才など、アイドルたちの個性が溢れまくり
https://www.famitsu.com/news/201907/19178363.html


 “大坪由佳presents ふわふわパンケーキパーティー”は、大坪さんと高田さんのふたりが、会場のプロデューサーからのお題に合わせたパンケーキを作るという内容。同イベントの裏話として高田さんは、用意されたお題が“桜”だったことから、桜の花びらの形をしたパンケーキを作っていたが、大坪さんはパンケーキの上にチョコペンで“サクラ”と文字を描くという暴挙を行ったことが明かされると、会場は笑いに包まれていた。


 “鈴木絵理のミラクルサイキックショー!”では、鈴木さん(堀裕子役)と原さんがサイキック(?)を披露したイベント。原さんが一通りイベントの紹介を終えたところで、実際にステージ上で、サイキックショー行うことに。披露されたのは、しな垂れた一本のロープを、サイキックパワーで棒のように固めるというもの。見事成功させると、大きな拍手が沸き起こっていた。


 “立花理香とルゥティンのお茶会”は、京都出身のアイドルを演じる立花さんとルゥティンさん(塩見周子役)がお茶を仕立て、それを味わうというイベント。イベントでは、参加したプロデューサーもお茶を持参するように案内があったらしく、ふたりが仕立てたお茶を味わうために茶碗を回すタイミングに合わせて、プロデューサーたちもペットボトルを回すというひと幕があり、その光景がとてもシュールで面白かったと、楽しそうに振り返っていた。


 “松田颯水のキノコ実況”は、ただただキノコを焼いて食すというイベントと、参加した大坪さんが紹介(松田颯水さんは星輝子役)。また、同イベントでは、『シンデレラガールズ』のWeb番組『CINDERELLA PARTY!』のプレスとして来ていたお姉さん(青木瑠璃子さん)が甲斐甲斐しく世話を焼いてくれたと明かし、会場の笑いを誘った。



 “桜咲千依の百物語チャレンジ”では、プロデューサーたちから寄せられた怖い話を桜咲さんと高田さんのふたりが紹介するというイベント。高田さんは同イベントで、桜咲さん自身の体験談も披露されたことを明かし、その内容がなかなかに恐怖を感じるものであったと語った。


 “藍原ことみのこのフレグランスはなんだろな?”は、藍原さん(一ノ瀬志希役)と青木さんによる匂い当て対決や、ふたりがそれぞれ歌唱するソロ曲をイメージした香りを制作したことが青木さんから明かされた。


 “長島光那のまぁまぁ眼鏡どうぞ”の紹介では長島さんが、同イベントが“グラッシー帝国の入社式”を兼ねていたと紹介し、観客を笑わせた。また、イベントではメガネにまつわるさまざまな話や、ふたりが眼鏡が似合いそうなアイドルを選出し、それぞれに似合う眼鏡をその場で選んだりしたと内容を説明。さらに同イベントに参加した立花さんと長島さんのお気に入りの眼鏡を、種崎さんと原さんが着用するひと幕もあった。


 “種崎敦美のシンデレラキッチン”では、種崎さんと春瀬さん(龍崎薫役)が変わり種のおにぎりやオムレツを作って、お互いに食べさせあったことを種崎さんが紹介した。


 “教えてIMAJOさん! 青木瑠璃子のギターレッスン”は、その名の通り、ロックユニット“サイキックラバー”のギタリストであり、『Jet to the Future』の作曲・編曲、楽曲中のギター収録も担当したIMAJOさんが、青木さんにギターレッスンを行ったイベント。ここで青木さんが同イベント内でIMAJOさんから教わった『Jet to the Future』のサビ箇所を実際に演奏すると、会場は大いに盛り上がった。


 “五十嵐裕美と松嵜麗のダラダラゲーム大会”では、五十嵐さん(双葉杏役)と松嵜さんが用意されたゲームの数々を、ゆるーく楽しんだイベントだと紹介された。


 コーナーの終了とともに、ここでニコニコ生放送の配信が終了ということで、キャスト陣による挨拶が行われた。


 その後は、会場限定となるライブコーナーへ。まずは、『お願い!シンデレラ』を全員で華々しく歌い上げ、会場のボルテージを引き上げていく。その後のトークでは、これからのライブパート、オリコンTOP10にランクインした楽曲で構成されていること、また本イベント限りの特別な催しもあることを明かし、プロデューサーたちの期待を煽ったところで、『アタシポンコツアンドロイド』(種崎さん、大坪さん、立花さん)、『メッセージ』(種崎さん、高田さん、桜咲さん)、『Star!!』(大坪さん、青木さん、原さん)、『Love∞Destiny』(長島さん、立花さん、松嵜さん)を立て続けに披露。


 MCをいったん挟んだ後、長島さんが「まだまだ盛り上がれますよね!」と客席に問いかけると、プロデューサーたちは大歓声で応える。すると、キャスト陣が開演前に、AJURIKAさんのDJプレイで盛り上がっていたことについて触れ、ステージサイドにあるDJブースに注目すると、なんとそこに桜咲さんが登場! 会場が割れんばかりの歓声に包まれる中、さっそく桜咲さんによるDJタイムへ(桜咲さんは趣味でDJを嗜んでいるとのこと)。『とどけ!アイドル』を皮切りに『OωOver!!』、『パステルピンクな恋』、『Snow Wings』、『桜の風』、『リトルリドル』、『明日また会えるよね』、『Yes! Party Time!!』がノンストップで披露。桜咲さん自身もDJブースで飛び跳ねつつ、会場を煽ると、プロデューサーたちのペンライトを振る手も一層加速。さらに会場の熱は高まり続ける。


 桜咲さんによるDJセッションが終了すると、ここでAJURIKAさんにバトンタッチ。『Nation Blue』、『Tulip』、『Orange Sapphire』、『Naked Romance』、『Needle Light』、『Neo Beautiful Pain』が連続で披露されると、会場のボルテージはさらに上昇。DJタイムが終わると、ステージに長島さん、桜咲さん、青木さんが登場し、『さよならアンドロメダ』を歌唱。3人のやさしい歌声で会場がクールダウンしたかと思いきや、松嵜さん、原さん、高田さんによって『SUN▽FLOWER』(※▽はハートマーク)が披露されると、再びアツく盛り上がった。

 怒涛のDJプレイ&ライブがひと区切りしたところで、キャスト陣が再びステージに集結。MCでは、桜咲さんのDJプレイについて、ふだんの大人しそうな雰囲気とは違い、元気いっぱいに大きな声を出していたことに驚いたと、ほかのキャスト陣が口々に語っていた。また、桜咲さんは、『シンデレラガールズ』のイベントで、DJをできた喜びを語りつつ、今回のセットリストは本イベントの登壇者のことを意識して、自身で選曲したことを明かした。

 その後、プロデューサ―への感謝の気持ちとして『always』が贈られた後、『EVERMORE』をパフォーマンスすると、この日いちばんの盛り上がりを見せた。そして、最後は原さん掛け声による「これからも、アイマスですよ。アイマス!!」コールでイベントは締めくくられた。


 本イベントでは、オリコン週間ランキングTOP10を果たした楽曲にまつわる貴重なエピソードが聞けたことや、ライブパートにて、TOP10入りした数々が名曲が披露されたことで、『シンデレラガールズ』の歴史を改めて知れたとともに、記録のすごさも実感できた。また、AJURIKAさんや桜咲さんのDJプレイを通じて、『シンデレラガールズ』の楽曲の新たな色を存分に感じれたのも、“プロデューサーさん感謝祭”の大きな魅力であったと思う。

 『シンデレラガールズ』のCDはこれからもリリースされていくと思うが、今後どんなすばらしい楽曲が生まれるのかを考えると、胸が高まらずにはいられない。いちプロデューサーとしても、今後の『シンデレラガールズ』の活動に注目したい。

“プロデューサーさん感謝祭”セットリスト(敬称略)
01.『お願い!シンデレラ』(全員)
02.『アタシポンコツアンドロイド』(種崎敦美、大坪由佳、立花理香)
03.『メッセージ』(種崎敦美、高田憂希、桜咲千依)
04.『Star!!』(大坪由佳、青木瑠璃子、原紗友里)、
05.『Love∞Destiny』(長島光那、立花理香、松嵜麗)

(桜咲千依によるDJパート)
『とどけ!アイドル』
『OωOver!!』
『パステルピンクな恋』
『Snow Wings』
『桜の風』
『リトルリドル』
『明日また会えるよね』
『Yes! Party Time!!』

(AJURIKAによるDJパート)
『Nation Blue』
『Tulip』
『Orange Sapphire』
『Naked Romance』
『Needle Light』
『Neo Beautiful Pain』

06.『さよならアンドロメダ』(長島光那、桜咲千依、青木瑠璃子)
07.『SUN▽FLOWER』(松嵜麗、原紗友里、高田憂希)
08.『always』(全員)
09.『EVERMORE』(全員)

最終更新:7/19(金) 19:02
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ