ここから本文です

神奈川県内でイベント続々 ラグビーW杯開催盛り上げ

6/17(月) 5:10配信

カナロコ by 神奈川新聞

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕まで100日を切り、川崎や横浜、海老名市で16日、大会を盛り上げるためのイベントが開かれた。県などの主催。

 商業施設ラゾーナ川崎プラザ(川崎市幸区)の広場では、ラグビー元日本代表主将の廣瀬俊朗さんや、日本代表最多の98試合出場を誇る東芝ブレイブルーパスの大野均選手らがステージ上でトークショー。ブレイブルーパスの選手たちによるパスなどのデモンストレーションが披露された。

 会場には大会をPRするブースが設けられ、缶バッジ制作やフェースペイントを楽しむ親子連れでにぎわった。

 ラガーマンがパスやタックルなどを小さな子どもに教えるコーナーも人気で、初めてラグビーボールを手にした子どもたちが、ボールを投げたり、タックルに挑んだりしていた。

 家族で訪れた幸区の女児(5)は「ボールを投げるのが楽しかった。ラグビーやってみたい」と笑顔で話した。

神奈川新聞社

最終更新:6/17(月) 5:10
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事