ここから本文です

ヤプリ、総額30億円の資金調達を実施 プロダクト開発や人材採用、マーケ活動を加速へ

6/17(月) 13:00配信

MarkeZine

 ヤプリは、Eight Roads Ventures Japan(旧称:Fidelity Growth Partners Japan)をリード投資家とし、SMBCベンチャーキャピタルおよび既存株主のグロービス・キャピタル・パートナーズとYJキャピタルを引受先とした第三者割当増資と、みずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫からのデットファイナンスを合わせ、最大で約30億円の資金調達が決定したと発表した。これにより、同社の累計調達総額は約40億円となった。

 同社は今回調達した資金を、プラットフォームの拡大に必要なプロダクト開発と人材の採用、マーケティング活動への投資などに活用していく。店舗・Eコマースのマーケティング支援領域では、機能開発と広告活動への投資を通じて顧客基盤の拡大に注力する。また、社内でのアプリ利用やBtoB領域の生産性向上を目的としたアプリ活用においても、ニーズに合わせた機能開発を進め、新たなソリューションの確立を目指す。

最終更新:6/17(月) 13:00
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事