ここから本文です

ベテランのアル・ホーフォードとセルティックスが新契約締結に向けて交渉中? 

6/17(月) 12:50配信

バスケット・カウント

ベテランを残留させたい球団が3年契約を提示か? 

写真=Getty Images

まもなくNBAの移籍市場が開かれる中、プレーヤーオプションを保持している選手たちは、オプションを行使して残留するか、破棄してフリーエージェントになるかを決めなければならない。

セルティックスのベテラン、アル・ホーフォードは、来シーズンの年俸3012万3015ドル(約32億7000万円)が約束されているプレーヤーオプションの行使に関して、まだ結論を出せていないと伝えられている。ホーフォードのオプション行使の期限は6月18日に設定されているのだが、支出を抑えつつ頼れるベテランを残留させたい球団側が、ホーフォードと新契約を結ぶため、話し合いを続けていると『Boston Herald』が伝えた。

『Boston Herald』によれば、セルティックスはホーフォードに対し、オプションを破棄してフリーエージェントになる代わりに、来シーズンの年俸額は少なくなるが新たに3年契約を打診しているという。今月33歳になったホーフォードにとっても、残りのキャリアを考えれば悪くはない話だ。

セルティックスからは、カイリー・アービングがプレーヤーオプションを破棄してフリーエージェントになる道を選択したと言われており、退団が濃厚と見られている。仮にアービングが退団しても、ホーフォードと折り合いをつけられれば、ジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウン、マーカス・スマートらが主力になるチームの安定感は増す。

ホーフォードが何を優先するのか、まもなく出される結論を待ちたい。

バスケット・カウント

最終更新:6/17(月) 12:50
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事