ここから本文です

オジュウチョウサンはステイヤーズS目標 石神深一騎手と再度平地挑戦へ

6/17(月) 11:04配信

netkeiba.com

 23日の宝塚記念を回避したオジュウチョウサン(牡8、美浦・和田正一郎厩舎)。秋以降は石神深一騎手とのコンビで、平地の自己条件(3勝クラス、レースは未定)を叩いてから、11月30日に行われるステイヤーズS(GII・中山芝3600m)を目標に調整が進められることがわかった。

【写真】オジュウチョウサンこれまでの軌跡

 オジュウチョウサンは父ステイゴールド、母シャドウシルエット、その父シンボリクリスエスという血統。前走の中山グランドJで4連覇を達成し、障害重賞で11連勝中となっている。

 平地では、武豊騎手とのコンビで昨年の開成山特別(500万下)、南武特別(1000万下)を連勝し、平地GI初出走の有馬記念で9着。今回はそれ以来の平地挑戦となる。

 なお、石神騎手が最後に平地レースに騎乗したのは、現時点で2018年10月に行われたルミエールオータムダッシュ(OP・新潟千直)の4着となっている。

最終更新:6/17(月) 12:56
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事