ここから本文です

松井玲奈、夫を演じた共演俳優の名前間違える…自分の役名も忘れて平謝り

6/17(月) 10:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 男女脳の違いを分析するベストセラーを映画化した「女の機嫌の直し方」の公開記念舞台挨拶が6月16日、東京・ユナイテッドシネマ アクアシティお台場で行われ、主演の早見あかり、平岡祐太、松井玲奈、佐伯大地、脚本協力を務めた横澤夏子、有田駿介監督が登壇した。

 「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」をテーマに卒業論文を執筆している女子大生の真島愛(早見)は、データ収集のために、男女トラブルの宝庫と言われる結婚式場でアルバイトを開始。上司の熱血ウェディングプランナー・青柳(平岡)とともに、あるカップルの結婚式を担当するが、新郎新婦(佐伯&松井)にはトラブルの予感が漂い……。今年4月に開催された「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」で、最優秀作品に送られる「おーきな観客賞」を受賞した。

 同名のテレビドラマに続き、主演を務める早見は「タイトルの強烈さが先行しているかもしれませんが、映画を見ていただければ、人と人がどうつながっていくべきか、つながっていけるのかが伝わるはず」と語り、「実際、沖縄で観客賞をいただき、“おーきな”自信になりました」と観客のリアクションに手応えを示した。

 一方、松井は開口一番「えー、苗字なんでしたっけ?」と自分が演じた役名を忘れてしまうハプニング。さらに、撮影を振り返る際には、夫役で共演した佐伯のことを「平岡さん」と言い間違えてしまい、平謝り。これは松井以外が大笑いで、客席も大いに沸かせていた。

 本作が劇映画デビューとなる有田監督は「普段はバラエティ番組をやっているので、一瞬でもつまらないとチャンネルを変えられてしまうことも。映画は基本的には、見に来てくれたら、最後まで(客席に)いてもらえるので、伏線を贅沢に使ったり、やりたいことができた」と満足気。脚本協力に加えて、カメオ出演も果たした横澤は「監督、タイプです(笑)。カッコ良くて、正直、打ち合わせも集中できなかった」と振り返った。

最終更新:6/17(月) 10:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事