ここから本文です

藤沢女流立葵杯が3連覇 上野女流棋聖下し4度目の栄冠

6/17(月) 10:09配信

福島民報

 囲碁の第六期会津中央病院・女流立葵杯の挑戦手合三番勝負第二局は十六日、会津若松市東山温泉の今昔亭で打たれ、郡山市ゆかりの藤沢里菜女流立葵杯(20)=女流三冠=が挑戦者の上野愛咲美(あさみ)女流棋聖(17)に勝利、通算二連勝で三連覇を達成した。

 藤沢女流立葵杯は女流棋戦、一般棋戦を通じて令和となって初の囲碁タイトル獲得者となった。女流立葵杯での戴冠は前身の「会津中央病院杯・女流囲碁トーナメント戦」での優勝を含め四度目。通算獲得女流タイトルは十一期となった。

 第二局も午前九時に立会人の淡路修三・九段が対局開始を告げた。日本棋院の宮崎龍太郎常務理事、温知会の村松稔副理事長、県囲碁連盟の斎藤耕一郎常任幹事が冒頭を観戦した。序盤から長考が続く難解な局面に突入したが、終盤のコウ争い以降、藤沢女流立葵杯が冷静にヨセを制し、午後四時四十六分、二百十一手で黒番中押し勝ちした。

 就位式で日本棋院の小林覚理事長が藤沢女流立葵杯に允許(いんきょ)状を手渡した。温知会と福島民報社が両対局者に賞品や記念品などを贈った。優勝賞金七百万円、準優勝賞金二百二十万円。

▽主催=日本棋院

▽協賛=温知会

▽協力=関西棋院、福島民報社、日本棋院県支部連合会

▽後援=毎日新聞社

最終更新:6/17(月) 10:09
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事