ここから本文です

そば打ちの腕前競う 郡山で第1回全国大会

6/17(月) 10:19配信

福島民報

 第一回全国手打ちそば生粉打ち大会は十六日、郡山市のほっとあたみで開かれ、そば打ち愛好者が腕前を競った。

 大島そば同好会の主催、郡山市、全麺協、うつくしま蕎麦王国協議会、福島民報社などの後援で、二十九人が出場した。制限時間五十分の中で、郡山産そば粉を使って十割そばを打った。

 入賞者は次の通り。

 ▽名人=樋口正一(埼玉県)▽準名人=市川宗信(栃木県)▽水回し部門賞=折原茂夫(埼玉県)▽練り部門賞=渡辺憲雄(郡山市・大島そば同好会)▽のし部門賞=小野常夫(郡山市・小原田そば同好会)▽切りそろえ部門賞=吉田忠(田村市・手打ちそばときわ会)

最終更新:6/17(月) 10:19
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事