ここから本文です

【函館スプリントS】7頭立てとなり売上27億円 前年比大幅減

6/17(月) 20:01配信

netkeiba.com

 16日、函館競馬場で行われた函館スプリントS(3歳上・GIII・芝1200m)は、先手を取った江田照男騎手騎乗の5番人気カイザーメランジェ(牡4、美浦・中野栄治厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の2番人気アスターペガサス(牡3、栗東・中竹和也厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分8秒4(稍重)。

 同レースの売り上げは27億2416万6700円で、セイウンコウセイが優勝した昨年の43億2880万8700円より大幅減となった。複数の厩舎で使用されている競走馬用飼料から禁止薬物が検出された問題により本レースは6頭が除外となり、7頭立ての少頭数となっていた。

最終更新:6/17(月) 20:01
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事