ここから本文です

「『まだ改善が足りない!』とル・マンの女神に言われたよう」トヨタGAZOO友山プレジデントが連覇にコメント

6/17(月) 20:25配信

motorsport.com 日本版

 2019年のル・マン24時間レースは、8号車トヨタTS050Hybridが優勝、僚友の7号車も2位に入り、トヨタが2年連続での1-2フィニッシュを決めた。

【動画】ハイライト&衝撃シーン:ル・マン24時間動画

「87回目を迎えた伝統のル・マン24時間レースにて、2年連続の優勝を1-2フィニッシュで飾ることができました。ずっと、応援頂いたファンの皆さま、また、ご支援頂いた関係企業の皆さま、そして、最後まで心ひとつに戦ったチーム全員に心より感謝申し上げます」

 GAZOO Racingカンパニープレジデントの友山茂樹は、トヨタのプレスリリースにそう語った。

「『ル・マンに勝つにはクルマが速いだけではダメで、クルマもチームも、もっと強くならないといけない』と、昨年の優勝に満足することなく、改善を積み重ねてきたことが連覇に繋がったのではないかと思います」

「表彰台から見た、溢れんばかりのTOYOTA GAZOO Racingの旗、そして、空高く上がった2本の日の丸を仰いで、深く感動致しました。ル・マンの歴史に新たな軌跡を刻むことができ、たいへん嬉しく思います」

 ただゴールまで1時間というところで、レースの大半をリードしていた7号車にトラブルが発生。結果的に8号車に優勝を譲ることとなった。これについて友山プレジデントは、次のように語った。

「しかし、喜んでばかりはいられません。終始レースをリードしていた7号車に、残り1時間のところでパンクが発生、そこにタイヤセンサーのトラブルも重なり、大きなタイムロスに繋がりました。『まだまだクルマもオペレーションも改善が足りない!』と、ル・マンの女神が言っているのだと思います」

「来年のル・マン、そしてその後に始まるハイパーカークラスに向けて、TOYOTA GAZOO Racingは、昨日よりも今日、今日よりも明日。という、ベターベターの精神で挑戦し続けます。これからも引き続き、ファンの皆様からの暖かい応援をいただければ幸いです」

 チーム代表の村田久武も、7号車のトラブルを悔いるコメントを寄せた。

「ル・マン24時間レースの連覇を達成できましたが、優勝に十分値する活躍をしたマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスには大変申し訳ないことをしました。そのため気持ちは複雑です。近日中に今回起きたことの真の要因を突き止め再発防止を図ります」

 村田代表はそう語った。

「しかしながら我々が示すことが出来た総合的なパフォーマンス、最後の1時間を含めた戦うチームスピリットについては誇りに思います」

 その一方で、ワールドチャンピオンに輝いた8号車のトリオを称えた。

「WECワールドチャンピオン、及び2回目のル・マン制覇を果たしたセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソを祝福します。TOYOTA GAZOO Racing にとって、歴史的なWECスーパーシーズンの最後に相応しい成果で、来年のタイトル防衛に向けての弾みとなります」

最終更新:6/17(月) 20:25
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事