ここから本文です

AKIRA、三池崇史監督に結婚祝福され喜び

6/17(月) 16:20配信

シネマトゥデイ

 台湾の女優リン・チーリンと結婚したばかりのEXILEのAKIRAが16日、明治神宮会館で行われた「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2019」(SSFF&ASIA)レッドカーペットとアワードセレモニーに出席し、三池崇史監督から「おめでとうございます!」と祝福の言葉を寄せられ、「ありがとうございます」と笑顔で返すひと幕があった。

【写真】叶美香がゴージャスすぎるドレスで登場!(SSFF&ASIA)

 この日のイベントでは、EXILEのHIRO、SSFF&ASIA代表の別所哲也、作詞家の小竹正人の3人が立ち上げたオムニバス映画プロジェクト「CINEMA FIGHTERS project」シリーズの第3弾の全貌が明らかになった。ステージに登壇したHIROは「すばらしい監督との出会いがあって、それぞれすごい世界観になっています」と自負してみせる。

 本作の1編となる三池監督の『Beautiful』にはAKIRAと蓮佛美沙子が出演。すべてをなくした街が作り出した満天の星の下で、静かに男女の心が重なっていくさまを描き出す物語になるという。

 被災地を舞台にした作品だという司会者の指摘に、三池監督は「デリケートな部分も含んではいるんですが。どんな状況にある人が観てもあったかくなるような。勇気を出して、もう一歩を進んでみるかという物語」と返答。そして、思い出したようにAKIRAに向かって「ご結婚おめでとうございます」と突然祝福の言葉を送ると会場は大盛り上がり。その様子を見た三池監督は、「そういう前向きな映画なので、そういう気持ちになっていただければ」と付け加えた。

 それを受けたAKIRAは「監督からもお祝いの言葉を言っていただきましたが、人生の節目をむかえる前に、監督から俳優としての一歩を、背中を押してくれるような、自分にとっても思い入れのある作品になりました。感謝しかありません。ありがとうございます」と謝辞。さらに「三池監督は僕らに寄り添ってくれて、温かい方でした。また長編でもご一緒できたら」とラブコールを送った。

 『Beautiful』のほか、井上博貴監督と佐藤大樹がタッグを組む『魔女に焦がれて』、松永大司監督と今市隆二の『On The Way』、洞内広樹監督と佐野玲於の『Ghosting』、行定勲監督と小林直己の『海風』の4編の出演者など詳細も明かされた。

 さらに、本作のタイトルを『その瞬間、僕は泣きたくなった -CINEMA FIGHTERS project-』と発表したHIROは「いろんな“泣く”というか、揺さぶられるような作品がたくさんあります。今年の秋に公開が決まったのでたくさんの方に観ていただきたいと思います」と会場に呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

『その瞬間、僕は泣きたくなった -CINEMA FIGHTERS project-』は2019年秋公開

最終更新:6/17(月) 16:20
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ