ここから本文です

メルセデス・ベンツ、新SUV「GLB」発表 オフロード感あふれるデザインに初の3列シートも設定

6/17(月) 11:48配信

ねとらぼ

 独メルセデス・ベンツはこのほど、新SUV「GLB」を発表しました。オプションで3列シート7人乗りも設定されるコンパクトSUVで、オフロードを意識した力強いエクステリアも特徴です。ドイツでは2019年年末に発売する予定です。

【オフロード感満点のエクステリアに最新のインテリア】

 コンパクトSUV「GLA」とミドルサイズSUV「GLC」の中間に位置付けられる新モデル。独BMWの「X1」、独アウディの「Q3」などがライバルになります。

  ボディーサイズは4634(全長)×1834(全幅)×1658(全高)ミリ。MPVの「Bクラス」よりホイールベースを長くとることでスペースを確保し、メルセデスのこのセグメントのSUVとしては初めて3列シートをオプションで設定しました。3列目は身長1メートル68センチまでの人が座れるとのことです。また、2列シート5人乗りの場合、ラゲッジルームの容量は580リットルと、コンパクトSUVとしては広大になっています。

 エクステリアのデザインはオフロード指向のパワフルなもの。インテリアは、新型「Aクラス」などと同様のワイドディスプレイを使ったコクピットに、音声認識による操作も可能な「MBUX」が搭載されます。

 エンジンはガソリンとディーゼルをラインアップ。エントリーモデルの1.3リッターガソリンエンジン(163馬力、250Nm)を搭載する「GLB200」や、2リッター直列4気筒ディーゼルエンジン(150~190馬力、320~400Nm)の「GLB 220d」などが登場し、それぞれ4輪駆動(4MATIC)モデルも設定します。高性能なAMGモデルの登場もうわさされています。

ねとらぼ

最終更新:6/17(月) 11:48
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事